« アキタ・キャラバン・ミュージック・フェス2016 | トップページ | 角館のお祭り »

2016.09.07

スマホ顕微鏡

20160822_160210_r 20160822_164043_r
20160822_141237_r Img_0002
 去る8月22日。由利本荘市教委主催事業「リアルサイエンス」研修に参加した。
 写真のように、盛りだくさんの内容で、理科の面白さにワクワクの半日だった。
 研修内容の中で、「ああ、これはすぐ役立つなあ」と思ったのは、「スマホ顕微鏡の作り方」だった。
 スマホのカメラ(前カメラ)の上に乗っているのは、ボム板(黒くて四角のゴム)の中央に穴を開け、直径3.2mmの小さなビー玉をはめただけの道具である。このビー玉部分の上に監察したい物をのせると顕微鏡になる。スライドガラスの上に観察物をのせる(プレパラート)よりも、小さなビニル袋に観察物を入れて、ビー玉部分の上に置くほうがいいみたいだ。
 写真は、メダカの卵を、その方法で撮影した物である。


|

« アキタ・キャラバン・ミュージック・フェス2016 | トップページ | 角館のお祭り »

ICT活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アキタ・キャラバン・ミュージック・フェス2016 | トップページ | 角館のお祭り »