« 国語教育を語り合う会 | トップページ | 金森幸介LIVE in 本荘 »

2015.10.15

ICT機器カート改良

Img_0055_r Img_0056_r_2
Img_0057_r Img_0058_r
 富山の芝園小学校で驚いたことは、ICT機器が黒板のすぐそばに設置されていたことだ。なるほど。そうやって教室に常設しておけば、日常的に活用しやすくなる。

 だがこれは、短焦点のプロジェクターだからできること。うちの学校のプロジェクターはどうかいな!?
 ということで試してみると、結構近い距離でも大丈夫だとわかった。
 難点は、「教室の前に常設するには、カートが少々高くて視界が遮られること」である。
 
 そこで、1年生から3年生の普通教室に常設しているICT機器セット(木製カート)を改良することにした。
 古いパソコンラックを活用して、ご覧のようなカートを作った。
   ① 実物投影機は、協力両面テープで固定。
   ② ACアダプターや電源タップ、コード類も結束バンド等で固定。
   ③ 延長コードは、フックにかけておけるように工夫。

 実はこれ、ほとんど本校の校務員さんのアイディア&仕事。ありがたいことです。

 


|

« 国語教育を語り合う会 | トップページ | 金森幸介LIVE in 本荘 »

ICT活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国語教育を語り合う会 | トップページ | 金森幸介LIVE in 本荘 »