« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.30

第2回教育情報化セミナー サマーキャンプin北海道

20140830_192000 20140830_192012


 北海道夕張郡長沼町ながぬま温泉にて開催のJNK4設立10周年記念セミナー「サマーキャンプ in 北海道」に参加。
【日程】

 8/30(土)13:30~16:00 セッションA
     「北海道における教育の情報化~NEXTDAYからの発信~」
      いま必要な教室環境
      どこから変えていくか・何から始めるのか

      17:00~21:00 ナイトセッション(ワークショップと情報交換)
      ICT環境整備と支援を考える

 8/31(日)9:30~14:00 セッションC
     テーマ「21世紀型の学力と教室環境、実践研究、評価」
      ◆JNK4 10周年記念講演
      ◆事例報告(実践研究・授業支援、評価)
      ◆ワークショップ
       ・一人1台の学習端末とソフト・ネットワーク環境
       ・これからの授業デザインとその支援
       ・ネットワークを利用した学習・評価

 ワークショップでは、北海道や佐賀県の、困難な (^_^;) 情報に頭を悩ませつつも対策を考え有意義だった。
何より、各地で奮闘している仲間、同士たちと交流し、そのエネルギーをいただけたことに感謝! 私用のため二日目に参加できなかったことが、何よりも残念。

| | コメント (0)

2014.08.29

千歳でグルメ

20140829_163400 20140829_180320

 明日のセミナー参加のため、北海道千歳へ。6月末まで秋田県内で仕事をしていた友人宅に泊めて頂きました。
千歳川で鮭の遡上を見た後、キリンビール工場レストランでできたての生ビールを堪能。特に美味しかったのが、写真の「一番搾りフローズン生」。お奨めです!!
 その後、居酒屋で北の海の幸を心ゆくまで。毛蟹も刺身もサイコー (^_^)v
 


| | コメント (0)

2014.08.22

由利本荘市情報教育研修会H26

20140822_102418 20140822_102507

 非常に興味をそそられる内容でした。以下、自分がメモした内容をそのまま。

1.ネット活用が求められる時代
 ・金、時間をかけずに効果大。」(例:動物園「流しカワウソ」のツイッター)
 ・企業はネットで学生採用。(①フェイスブック参加大学生30万人 ②評価ツイートとして優 ③ユーザーは優秀多し ④コスト0円)
 ・求められる資質=コミュニケーション能力86.6%  ← 「よそいきコミュニケーション能力」

2.隠れネット機器が大人気(小中学生)
 ・ゲーム機 = 任天堂3S、PSVITA、iPad Touch
 ・タブレット = MEEPキッズタ向けブレット15000円 進研ゼミチャレンジタブレット(中副教材)

3.発信、参加を前提としたサービスでデビュー (LINE FB Twitter)
 クラス、部活等でグループ利用 → ほぼ一日中(グループの話題進行が気になる)
 
■ トラブル
 大人が気付きやすい理解できる物
 1.ネット依存 2.金銭トラブル 3.不適切情報の利用

 まわりが気付きにくい物
 1.悪意のある大人からの「誘い出し」 2.不適切な発言


| | コメント (0)

2014.08.13

帰国しました

午前6時半、羽田空港に到着しました。今回も、無事に帰れたことに感謝です。
秋田便出発まで6時間55分待ち。あと、5時間40分。
空港ラウンジが無料で使えて助かってます。^_−☆

| | コメント (1)

2014.08.12

帰国の途につきました

9:15発の全日空機で、フランクフルト。乗り換えて羽田へ。13日6:35到着予定。

| | コメント (0)

2014.08.11

シテ島界隈

メトロでシテ駅下車。まずはサント・シャペルへ。凄い行列で館内見学は断念。
次にコンシェルジュリー。一見お城、実は牢獄とのこと。
有名なノートルダム大聖堂、ここも凄まじい人だかり。
人混みを避け、隣のサン・ルイ島をゆっくり歩く。
再びメトロで、ルーブルへ。公園を歩き、コンコルド広場。
メトロ駅を探してちょっと迷ったらエルメス本店があった。

モンパルナス駅下車。レストランで、今回の旅では初めてのフランス料理。
「タルト・フランベ」は、アルザス地方の郷土料理。
小麦粉を練った生地に具を乗せ、オーブンでパリパリに焼き上げたもの。
美味でした。量が多くて食べ切れませんでしたが…。^_^;

Image_2 Image_8
Image_4 Image_5
Image_6 Image_7

| | コメント (0)

2014.08.10

パリ名所巡り

凱旋門からシャンゼリゼ大通りを歩く。
フランスらしいセンスの良い店が連なる。
コンコルド広場まで、一直線の道のり。
広場で写真を撮っていたら、サインをお願いします、という若い女が沢山。
人の観光を邪魔するんじゃない、と無視。でもこいつら、かなりしつこい。
おかしいと思って後で調べたら、スリ集団だとのこと。
くわばら、くわばら。
さらに歩いて、オペラ地区へ。マドレーヌ教会。そしてバレ・ガルニエ。
メトロでモンマルトルへ。サクレ・クール大聖堂は、しっかり覚えてました。

ホテルに戻って夕食。ご覧のとおり、またまた中華料理。
フランス料理は今回、未だに食べておりません。^_^;

Image_3 Image_4
Image_5 Image_6


| | コメント (0)

2014.08.09

ルーブル美術館

いさちゃんが、何故、海外バックパッカーの旅を始めたか。
それは、ルーブル美術館での経験から始まったのでした。じゃんじゃん。
2回目の海外旅行、ツアーで訪れたこの美術館で与えられた時間は90分。
鑑賞どころではなく、走って、有名な絵や彫刻の写真を撮って終わりでした。
こんなのは嫌だ、自分が気に入ったところは好きなだけ時間をかけたい。
この次は、絶対に個人旅行でルーブル美術館に来るぞー‼︎
20年経って、実現できました。(o^^o)
Image Image_2


| | コメント (0)

2014.08.08

エッフェル塔界隈

宿泊したホテルは、エッフェル塔まで1キロちょっとの好ロケーション。
ホテルを12:00にチェックアウトし、パリ観光のスタートだ。
まずは、ホテルのすぐそばにある「アンヴァリッド」
ドーム教会には、ナポレオンの墓があることで有名だ。
次に、エッフェル塔に向かう。20年前に来たはずだが、なーんも覚えてないもんだなあ。
すごい人だかり、タワーに登るための長〜い行列が出来ていた。
行列を尻目に、イエナ橋を渡り、セーヌ川を眺める。
対岸には、シャイヨー宮がある。ここから眺めるエッフェル塔が一番素晴らしい。

メトロで今宵の宿のあるバラール駅へ。ホテルの近くに、日本食の店が2軒。中華料理が2軒。
昼は中華、夜はお寿司をいただく。まずまずの味。醤油の味が沁みるなあ。

Image_3 Image_5
Image_4 Image_6
Image_7 Image_8


| | コメント (0)

2014.08.07

パリへ

レンヌ 9:33発のTGVでパリへ。パリまでは2時間ちょっとで着いてしまう。
パリ、モンパルナス駅に11:44着。
メトロ12号線に乗り換え、ホテルのある駅にむかう。
メトロは、回数券がお得だということで、自動販売機で10回券を購入。
何故か20枚出てきた。(o^^o)、
6号線への乗換え駅で愕然。6号線の看板に赤いテープが斜めに貼ってある。
つまり、僕が向かう先の駅は封鎖ってこと。
しょうがない、10号線の駅まで歩こう。と、歩き出す。
300m先にあるはず。ところが、いつまで歩いても駅がない。
どうやら逆方向に歩いてしまった模様。戻って、ようやく駅発見。再びメトロに乗る。
目的駅に着いたら、今度は大雨。雨が邪魔して地図を開けないため、ホテル探しに手間取る。

なんとかチェックイン出来てほっとしたのも束の間、ホテルのWi-Fiが繋がらない。
1時間後再度試みるも同じ。フロントに申し出るが、埒が明かない。きっとサーバーの不具合だ。
「Please reboot your server」(サーバーを再起動して下さい。)と、主張。
すると、目出度く認証成功。(我ながらすごいなあと、自画自賛) (o^^o)
トラブル続きの一日でした。

フランスのレストランは、夜は8時開店。昼食が終わる午後2時くらいからその時間まで、店は閉まったまま。こういうところに馴染めないボクは、さっさとスーパーで食料を買って、晩酌しちゃうんです。
電気湯沸かし器「リトルボコボコ」が、今回も大活躍。茹で卵作りにも成功しちゃった。^_−☆

Image_9 Image_11
Image_13Image_14


| | コメント (0)

2014.08.06

モンサンミッシェル

今回の旅、三大目的は、①サグラダファミリア、②モンサンミッシェル、③ルーブル美術館。
特に見たかったのが、ここ、モンサンミッシェルだ。
レンヌ駅横のバスターミナルで、チケットを購入。往復25.4ユーロ。9:45発11:00着。
バスは島手前の駐車場まで。ここからは無料シャトルバスで向かう。
あいにくの雨で、霞んでしか見えない。
突出門を通って城内へ。そう、モンサンミッシェルは城、あるいは要塞と言った方がふさわしいかもしれない。王の門には、侵入者を防ぐ跳ね橋がある。島のメインストリート、グランド・リュの土産物屋やレストランには目もくれず、修道院へ。入場料9ユーロ。
上階から、回廊、西のテラス、修道院付属教会、騎士の間、大車輪、サンマルタン礼拝堂、大階段など。見どころ満載。その作りは、まるで日本の城の天守閣を思い出させる。美しいのだが、同時に防御施設としての強さも持つ、そんな感じを受けた。
修道院の後は、城壁をゆっくり歩いて廻る。15世紀、百年戦争時、イギリスに対抗するために作られたとのこと。島全体が難攻不落の砦だったのである。

帰りはシャトルバスを利用せず、プロムナードをゆったり歩く。海風が心地好かった。

Image Image_2
Image Image_2
Image_3 Image_4

| | コメント (3)

2014.08.05

レンヌ

トゥール発9:06のインターシティでル・マン10:24着。
「ル・マン」といえば、映画「栄光のル・マン」を思い出す。
確か、スティーブ・マックイン主演だったような。

レンヌ行きTGVの座席予約は12:06の列車しか取れなかった。
フランス国鉄は、列車によって値段が変わるシステムなのでしょうがない。
9ユーロの追加で乗れるなら、ラッキーだ。

13:30レンヌ着。早速切符窓口へ。明後日のパリ行きTGVの座席を予約。
高いだろうなあと思ったら、たったの3ユーロ。どうなってるの?

ここのホテルも15:30のチェックイン・タイムまで鍵かけて、一切応じないシステム。
昨日に続き、ディパックを背負ったまま観光。
チェックインして、また生ビール。^_−☆
Image_5 Image_6
Image_5 Image_6

| | コメント (0)

2014.08.04

トゥール

リヨンからトゥールへ。直通インターシティがあるんですね。8:54発14:47着。
途中の景色がすごく良い。もっともフランスらしい土地、と言われるのも納得ですね。
ホテルのチェックインが17:00からと、遅い上、ロビーに鍵がかかってる。
荷物を持ったまま観光に。ま、たいして重く無いんだけど。
帰り際に、BARに寄って生ビール。酒場放浪が板について来たなあ。

Image_4 Image_2
Image_7 Image_8

| | コメント (0)

2014.08.03

リヨン旧市街観光

旅の疲れを取るため、午前中は完全休養。
何度も繰り返しバスタブに浸かり、貴族の気分。
ここまでの旅の整理をする。
クレジットカードで支払った交通費。60ユーロ。
ホテル代金は10泊合計570ユーロ。1泊平均57ユーロ(約7900円)
自分なりに、出来るだけ安めのホテルを選んでいるつもりだが、結構高いなあ。

午後2時。ふらふら散歩しながら観光開始。リヨン旧市街は世界遺産である。
天気がいいので、みんな外のテーブルで食事をしている。
1時間ほどで観光終了。今宵のお酒とビールを買いに、スーパーへ。
と、ところが…。
シャッターが閉まっている。日曜なのに休業なんて、あり得ん!!
すかさず、別の店に行くボク。しかし…。
レストラン以外の全ての店は休業の模様。かなり歩き回って探しても同じ結果…。
日曜だから休業なのね、リヨンは。 (≧∇≦)
フランスと日本の文化の違いを痛感させられました。
気を取り直して、レストラン街で生ビール。美味しい!(*^^*)
Image_9 Image_11
Image Image_2

| | コメント (0)

2014.08.02

リヨンへ

朝、6時半。リヨン行きのTGVを予約しようと、駅へ。
「チケットはない」と、窓口のおばさんに邪険に扱われる。
ふんだ。TERで行ってやる。時刻表を見たら6:54発があった。
急いで荷物を取りにホテルに戻る。荷造りしておいてよかったあ。
ニースからマルセイユ行きの列車に飛び乗る。
9時半過ぎ、マルセイユ到着。
ここからなら、TGVのチケットが買えるだろう。
窓口に並んで、さあ購入、と思ったら、32ユーロも追加だと。
フランスレイルパスを持っていてもこの値段。何で?
そーか、なるほど、今日は土曜日だからかあ。
ふんだ。TERで行ってやる。
時刻表を良く見ると11:06 発、リヨン行きの直通列車があるではないか!
ついてるなあ、僕は。
発車まで、あと1時間。冷たいビールを飲んでひと息つく。
リヨンへまでの道のり、ローヌ川沿いの風景に癒やされる。

列車は、14:40 到着予定が少し遅れ、3時過ぎに到着。
リヨンはあいにくの小雨。今回の旅行中、初めて折り畳み傘を使う。
ホテル・デュ・テアトルにチェックイン。バスタブ付きの広い部屋が気に入り、
「もう一泊したい、同じ値段でOK?」と交渉。見事成立。
部屋にエアコンはなく、扇風機のみだが、リヨンは涼しいので必要なし。
この地方の夏は一般に涼しく、避暑地なんだそう。
ずーっと暑い都市にいた身にとってはありがたい。
観光はせず、ビールとワインを飲んで、ひたすら休養。^_^;
Image Image_2
Image_12Image_13

| | コメント (0)

2014.08.01

モナコ&ニース

TERでニースへ。今宵の宿ホテル・ベルヌは駅前にあり、すぐに見つけることができた。
まだ11:30なのにチェックインしてくれ、ありがたかった。しばし休憩。
モナコ公国までは、TERで22分。何? 公国だって?
そうです、モナコはれっきとした国なんです!(◎_◎;)
これで、目出度く61か国目の達成であります。パチパチパチ。(*^^*)
高級リゾート地なので、宿泊は断念。やむなく日帰り訪問に。
見どころは、大公宮殿のあるモナコヴィル地区。
旧市街の丘の上から見る景色が特に良かった。
「モンテカルロで乾杯」(by庄野真夜 )を思わず歌ってしまいました。(*^^*)

その後、ニースに戻り、旧市街観光。まずは、ジャン・メドサン大通りを歩いて、マセナ広場。
右に曲がると、豪華ホテルが軒を並べるプロムナード・デザングレ(イギリス人の散歩道)。
昔ヒットした歌「ネグレスコ・ホテル」って、ニースにあったんですね。
ちょっとロビーを覗こうとしただけなのに、邪険にブロックされちゃいましたけど…。(涙…)
海岸には大勢の水泳客。みーんなのーんびり過ごしている。

ホテルそばには、スーパーもレストランもたくさんあり、至って便利。
マルセイユと同じ中華料理の総菜屋さんが駅前にあって驚いた。
今日もこれにしようっと。(*^^*)
暑くて、ビールを4本も飲んじゃった。^_^;

Image_3 Image_4
Image_5 Image_6


| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »