« 算数デジタル教科書4年&6年 | トップページ | ICT機器活用3ステップ »

2014.05.13

電子ペンでマウス操作

Img_0728 尾崎小学校では、四年生~六年生3×3=9学級に電子黒板が常備されている。
 昨年十月の導入時から三月末までは、実物投影機で教科書や資料、ノート等を投影しての活用がほとんどであった。
 四月になってからは、算数デジタル教科書の活用が本格化したため、PC画面を投影することが多くなった。

 ノートパソコンを電子黒板に接続し、操作する。
 電子ペンを使って、線や言葉を書き込む。

 四月末まで、この二つの操作を、PCのマウスと電子ペンそれぞれ別々に行っていた。

 「あれっ! 電子黒板ってタッチパネル操作だよね、フツーは!?」

 そうなのだ。電子ペンひとつで両方の操作ができるはずなのだ。
 機器導入前の業者さんのプレゼンではそれができていた。
説明書で確かめると、切り替えができると書いてある。

 よーく調べてみたら、プロジェクタの「拡張設定」でそれができるとあった。
 早速、設定。慣れるとほんの2~3分。9台全部の設定はあっという間にできた。

 というわけで、連休明けから、電子ペンでマウス操作も行っている。
 描画機能も、プロジェクタ内蔵のものに代わって、パソコンの描画機能「PenPlus」を使うようになった。

 これは、けっこう多機能で、より効果的な見せ方ができる。(ただし、慣れは必要です)
 算数TTで毎日のように使っているので、少しずつ上達してはいます…。 (*^_^*)

|

« 算数デジタル教科書4年&6年 | トップページ | ICT機器活用3ステップ »

ICT活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 算数デジタル教科書4年&6年 | トップページ | ICT機器活用3ステップ »