« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014.04.21

算数デジタル教科書

Dezikyou


 今週から新年度時間割の実施が始まった。算数のTTも、同時スタート。
 本校では、5年生のみ、教科書会社のデジタル教科書を購入している。
 私の場合、これまでに算数のデジタル教科書を試用したことがあるのは、体験版のみである。

 製品版を授業で活用するのは、これが初めて。興味津々。

 使ってみた感想は、「これはいい!! すばらしい!!」だ。 (^o^)
 
 実物投影機で教科書を映すより、何倍もいい。
 特に「アニメーション」が秀逸だ。
 子どもたちの、集中度、理解が全然違う。(効果的に使えば、です。勿論)

 デジタル教科書を一度使うと、もうコレなしでは授業をしたくなくなるほど便利。
 デジタル教科書の活用によって、本校のICT活用も、一段上のレベルに上げて行けそうである。

| | コメント (0)

2014.04.17

理科授業開き2014

 6年生の理科授業が始まった。最初の時間にやったことは次の通り。
 
① 自己紹介。
② 子どもの氏名を、(何も見ずに)出生番号順に呼ぶ。子どもは自己紹介をする。
  教師  「○番 ○○ ○○さん」 
  子ども 「○○ ○○です。 ○○が得意です。(好きです) 勲先生よろしくお願いします。
③ 教科書の写真をもとにオリエンテーション。

01 02

子どもたちは、2年前にやった私の新任挨拶の内容をしっかりと覚えてくれていた。
 1クラス34名全員の名前を覚えるのは、ちとタイヘンだったが、何とかクリア。
 2日間で3クラス102名分を暗記することに成功した。(まだまだ脳は若い!?)

 2時間続きの授業、次の時間はTOSS実践で有名な「夜の地球」の授業を実施。
 子どもたちの集中、熱中ぶりを見て、今年一年間頑張れそうな手応えを感じた。

| | コメント (0)

2014.04.12

姪の結婚式

20140412_191204_r 20140412_190101_r

 秋田駅近くの教会にて、姪(兄の娘)の結婚式。
 写真の場面は、お色直しのエスコート役を甥(姉の息子)がつとめているところ。


| | コメント (0)

2014.04.08

平成26年度入学式

Img_1376_r Img_1389_r

 ビデオ係、写真撮影係、入場合図係、体育館入り口の開閉係の四役。
 最初から最後まで忙しかった。 (^^;)
 歓迎アトラクションを見て毎年思う、子どもの一年間の成長は驚異的だと。

| | コメント (0)

2014.04.07

平成26年度スタート

Img_1308_r Img_1309_r

新任式&始業式。今年度の転入者は11名。
 写真のように、ご自分の特技である体操を披露された方も。(^_^)
 始業式の冒頭、校長から恒例の学級担任発表。

 わたくしこと。26年度は、少人数指導担当としてスタートすることになった。
  (3年連続した特別支援学級の担任がなくなり、寂しい。)
 授業は、6年生3学級の理科と、3~6年5学級の算数TTを担当する予定。

 新入職員歓迎会は、毎年恒例の、一次会「ホテル・アイリス」、二次会「昴」。
 今年は、三次会まで行ってしまいました…。 (^^;)


| | コメント (0)

2014.04.03

学校も「断捨離」を

Img_0723_r Img_0724_r

 毎年恒例、春休み中の室内整理。今回は、放送室&スタジオに取り組んだ。
 二年前は物置状態で歩くスペースもないほどだった。
 二年がかりで不要品を捨てたら、見違えるほど多くのスペースができた。
 こうなると、お掃除したい気持ちになるもの。
 掃除機をかけ、棚を拭き、ガラスを磨いたら、ぴっかぴか。
 (棚のガラス外して磨いたとき、一枚割っちゃった…。)

 「開かずの間」が、またひとつ、気持ちのいいスペースに変身しました。
 学校にも「断捨離」は、必要ですね。 (^_^)

| | コメント (0)

2014.04.01

CDラジカセ再配分

 Img_0722_r 11名の転入職員を迎え、本日より平成26年度がスタート。
 さっそく、9時から2時間半以上の職員会議。(^_^;) 新年度の校務分掌が、正式に発表された。
 昼食は、新しい学年部で。とんかつ「かつき」。尾崎小恒例の「転入者歓迎、肉責め」。3回目なのでもう慣れちまったいっ! (ちなみに、明日は「焼き肉シンゴ」)
 
 午後、年間使用教材の選定。
 情報主任としての仕事は、CDラジカセ(CDラジオ)のメンテナンスと、再配分。
 多少の不具合は、レンズクリーニングで対応。OAクリーナーで丁寧に拭き掃除。

 ところで、最近の((安価な)CDラジオは、出力の小さい機種が多い。
 本校のように、「ハーモニータイム」等で、学年ホールで百人前後の子どもに聞かせるには音量不足。
 これに対し、古いCDラジカセは、出力は十分だが、そろそろ寿命。
 懸命に手は尽くしたのだが、残念ながら今回は2台がお亡くなりになった…。
 学年に1台、出力の大きいCDラジカセを配分しなければならず、結構悩む。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »