« 岡林信康「友よ」 | トップページ | ラスタンケinヤーマン »

2014.02.21

秋田県でもタブレット配備が始まる

 本日の「秋田さきがけ」新聞に掲載された記事によると、北秋田市は、来年度から、市内の小中学校全16校にタブレット型パソコンを整備する、17年度までの4カ年で計約440台を導入する、という。
 現在1校あたり10~40台配備しているデスクトップパソコンを、更新時にタブレット型パソコンに変える方式である。
 「従来は、パソコン室でしか使えなかったが、タブレット端末は教室や校外でも使える。子どもたちの情報活用能力を育むのに大きな見込める」との市教育委員会学校教育課の人の談話も紹介されていた。

 フューチャースクールでの1人1台タブレットPCにはまだ遠いが、県の先進地区である八峰町に続く動きには期待が持てる。
 わが尾崎小学校でも、10月の更新でタブレット端末10台が配備された。現在は10学級に分散して活用しているが、来年度はそれにとどまらない活用法も試行していくつもりである。

|

« 岡林信康「友よ」 | トップページ | ラスタンケinヤーマン »

ICT活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡林信康「友よ」 | トップページ | ラスタンケinヤーマン »