« ごろんとシートで上京 | トップページ | 1人1台情報端末活用 »

2013.06.07

教育の情報化「いつまでに実行するのか」の段階

 上野6:58着。新橋へ。新橋駅前のネットカフェで、シャワーでも浴びようかしらと散策中に偶然見つけたのが、豪華カプセルホテル「安心お宿」。入浴・休憩90分コースが1480円というので、利用してみた。ベッドスペースは広く、マットやふとんも清潔快適。寝るだけと割り切れば、カプセルホテルも、案外いいかもなぁ。
ゆりかもめで、国際展示場正門。東京ファッションタウンビルにて開催中のNew Education Expo2013IN東京に参加。9:45~ T16 「デジタル教科書第2ラウンド」(中村伊知哉先生)の基調講演を聴く。強く印象に残ったのは、次の言葉。
 日本語の情報発信量は世界一。(英語より多い。主として若者のメールやブログその他とのこと)。情報化が遅れているのは、公共分野と、企業経営者。教育の情報化を進めれば効果は甚大。
教育情報化海外先進国視察で「教育情報化のメリットは?」と質問するのは日本だけ。
「なぜやるのか」を説明するのはもう終わった。今は「いつまでに実行するのか」の段階。
(詳しくは、「デジタル教育反対派への10の質問」をご覧下さい)

 13:00~15:00は、T17 フューチャースクールから見えてくる教育の未来
               ~シンガポール、韓国、日本の取り組みから~ を拝聴。
 シンガポールは遙か先、韓国もそのスピードは目を見張るばかり…。
  (結局政治問題なのかねぇ…)

20130607_094533 20130607_124421

20130607_150423 20130607_200545

 宿泊はいつもの、大井町アワーズIN阪急。これまた、行きつけの串茶屋さんで晩酌。(*^_^*)

|

« ごろんとシートで上京 | トップページ | 1人1台情報端末活用 »

ICT活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ごろんとシートで上京 | トップページ | 1人1台情報端末活用 »