« 教育の情報化「いつまでに実行するのか」の段階 | トップページ | 豪華盛りぃ! »

2013.06.08

1人1台情報端末活用

20130608_12461120130608_152939

 本日は、午後の二コマに参加。二つとも、堀田龍也教授がコーディネータ。

12:45~14:45 T32 小学校・中学校における1人1台タブレット端末活用
             ~フューチャースクール実証校の成果に学ぶ~
15:45~17:45 T39 普通教室での1人1台情報端末の活用に向けて
             ~玉川大学と内田洋行の共同研究の成果から~

 冒頭、堀田教授がデータを紹介。全国のPCはパソコンルーム設置がほとんど(小71%、中74%)。 普通教室は(小15%中9%)どまり。おまけに、非可動型(デストップPCのこと)が8割以上。
 うーむ。1人1台どころではない現状ですなあ…。
 フューチャースクールでは、1人1台TPC(タブレットパソコン)、IWB(インタラクティブホワイトボード=電子黒板)、TPC保管庫、無線LANという環境が用意され、実践が行われた。
 フューチャースクール指定各校の発表で確認されたのは、次の点。
 授業過程そのものは変化なし。ICT活用を位置づけたことで効果が上がった。(特に、ベテランの先生方が顕著)。学習規律の重要性を再認識した。など。

 私個人の感想としては、これらは、1人1台活用でなくてもできることだと思った。
 「タブレットPCならでは」のことを取り出してみると、次の点がメリットだろうか。
  ① タブレットだとグループ内で見せやすい、プレゼンしやすい
  ② カメラ機能が便利で、活用の幅が広い

 国としては、1人1台情報端末活用によって、協働学習を展開することがねらいのようだが、はたしてどうか?
授業過程が従来のままでは無理な話である。「新しい学習スタイル」へ移行できるかどうかは、指導要領の大幅な変更(規制緩和でいいけどね)が、できるかどうかにかかっているのではないだろうか。

|

« 教育の情報化「いつまでに実行するのか」の段階 | トップページ | 豪華盛りぃ! »

ICT活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育の情報化「いつまでに実行するのか」の段階 | トップページ | 豪華盛りぃ! »