« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012.07.31

タンジョール

 朝8時、クンバコナムを出発。スワミマライの寺院でプージャ。200ルピー。
 次に、タンジョールの北10㎞にあるチッタイへ。ここではアビシェンガムを実行できた。1500ルピー。
 午後、タンジョールに着き、ブリハディシュワラ寺院のアビシェンガムを予約。

 ホテル Gnanam にチェックイン。このホテルは、ロビーで無線LANが使えるんですね。何気なくアイパッドを取り出した時に、偶然発見しました。ルームサービスにビールもあり、サイコーです。

Cimg4818Cimg4820


| | コメント (0)

2012.07.30

クンバコナム

Cimg4807Cimg4802Cimg4811Cimg4812

午前、ミラドゥタライの寺院へ。アビシェンガムとプージャを実行。450ルピー
午後、ガンガイコンダチョプラムの寺院へ。アビシェンガムを実行。130ルピー。

| | コメント (0)

2012.07.29

インド1日目

Cimg4788Cimg4793Cimg4795Cimg4797


チェンナイからアラニへ、一つ目の訪問はプッタカメシュワラ寺院。アーチャナ(自分の名前を告げ読経してもらう)56ルピー。
二つ目は、カルパトゥの寺院へ。バグラ・シャニにプージャ50ルピー。
三つ目はリシバンディヤム。シヴァ神と女神パールバティにプージャ。25ルピー。

現在、クンバコナム宿泊。ビールがない。(>_<)
ホテルでのネットは望むべくもないので、スマホでブログ更新ですなあ。今後も。(^_^)v

| | コメント (0)

2012.07.28

麻賀多神社&成田山新勝寺

Cimg4776Cimg4780

 朝6:29発の電車で佐倉へ。麻賀多神社参拝。
 8:00。ホテルに戻り朝食
 11:00チェックアウト。ホテルに荷物を預かってもらい、徒歩で成田山新勝寺。
 16:55発CX-521(キャセイパシッフィック航空)で、香港。20:40着(日本時間21:40)
 香港の空港内は無料の無線LANが使用できた。待ち時間はネットを見て過ごす。
 22:45発CX-631でインド(チェンナイ)へ。01:30(日本時間05:00)到着。


Cimg4782Cimg4783


| | コメント (2)

2012.07.27

鎌倉

Cimg4761Cimg4764

寝台特急「あけぼの」B個室。羽後本荘22:01発。上野06:58着。公園口改札内のコインロッカーにスーツケースを預け、鎌倉へ。
 鎌倉を訪れた目的は、阿弥陀仏を参拝すること。鶴岡八幡宮を観光した後、最初の目的地、浄光明寺へ。
次に江ノ電で長谷にある鎌倉大仏(高徳院)。最後に長谷観音で有名な長谷寺へ。阿弥陀堂でしばし瞑想。
 上野に戻り荷物をとって成田。センターホテル泊。

Cimg4770Cimg4769


| | コメント (0)

2012.07.07

「うさぎのさいばん」(三省堂3年)授業記録がダウンロードできます

 大内善一先生提唱の「文章の内容・形式を一体的に読み取る授業」。
 この理論、手法で行った授業実践である。
 実践した時期は、2011年7月。対象は教科書の通り3年生。
 PDFファイルの内容項目は、以下の通り。

  一 学習者の読みの予想
  二 教材の分析
  三 授業の構想
  四 授業展開の記録

 皆様の実践のお役に立てれば幸いです。

「Usagi.pdf」をダウンロード

| | コメント (1)

2012.07.02

のんびり行こうぜ

 老舗アウトドア雑誌「BE-PAL」。以前は毎月買っていたが、今は、特集によってたまーに買う程度。(*^_^*)
 一番楽しみにしているのは、野田知佑氏の連載「のんびり行こうぜ」だ。
 
 野田氏の影響で、カヌーの川下りを始めた(かなり前のお話。掲載写真も…)し、キャンプや釣り、川遊びなどのノウハウもたくさん学ばせて貰った。
 氏のエッセイには、教育に対する意見も多くみられる。BE-PAL7月号にも、次のような箇所がある。
 ブログ読者のみなさんは、どう考えますか??

 どうしてこんなことになってしまったのか。学校では教師が、野山で遊ぶな、という。遊ぶのなら校庭で遊べ。但し夕方五時まで。そうすれば危険がない、と教える。
 この国では子供を小さな檻の中に閉じ込めて育てる。自由は一切与えない。これで子供がおかしくならない筈がない。やんちゃないたずら坊主がわれわれの周辺から消滅してしまった。
 こんなに美しい自然を持ち、危険の少ない山河のある国は世界にも珍しい。しかし、この国の子供は外で遊ばず、家の中でゲームばかりするようになってしまった。

 0328_210


| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »