« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011.10.26

京都の美味しいもの

Dsc_0032_r

 アパ・ホテル(堀川通店)から徒歩1分の居酒屋。湯葉と茄子の生姜餡掛けに感動。鱧の梅肉揚げや伏見のお酒もおいしかったあ。接客も、他の地域とは、どこか違う、よい雰囲気でした。

| | コメント (0)

2011.10.23

京都ぶらぶら歩き

Dsc_0034_r_2Dsc_0035_r

 ホテルのバイキング朝食をゆっくりいただく。日頃、「腹八分目」をつとめて実行しているつもりだが、バイキングとなると、つい食べ過ぎてしまう。(哀しい貧乏性)
 チェックアウト後、徒歩で、世界遺産の東寺(とうじ)へ。東寺は、京都市南区九条町にある東寺真言宗総本山の寺院。「教王護国寺」(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。五重塔(国宝)が見事。
 その後、京都駅前を散策。京都まで来て、「ヨドバシ」に2時間もいるなんて、これまた哀しいITCEの性(さが)なのね。(^_^;)  伊丹空港行きのリムジンバス発着所前のビルに大きな本屋があったので、本をたくさん買い込む。 
 結局、電気屋と本屋で大半の時間を過ごす私であった。
 JAL2177便で秋田へ。飛行機の写真を撮るのは緊張するなあ。(外国だと怖くてできませんでした…)
 

| | コメント (0)

2011.10.22

京都観光

Dsc_0022_rDsc_0024_rDsc_0025_rDsc_0027_r

 ホテルに荷物を預け、世界遺産「西本願寺(にしほんがんじ)」へ。(正式名称は「龍谷山 本願寺」)。
 読経を聞きながらしばし瞑想。次に東に向かって歩き、伝道院テーマ館へ。この界隈は仏具や小物の店が並んでおり、町並みも京都らしい雰囲気。最後は「東本願寺」(正式名称は、「真宗本廟」)。
 こうやってゆっくり歩いて観光していると、それだけで心が落ち着くから、不思議な街だと思う。
 

| | コメント (0)

2011.10.21

IN丹波 懇親会

Dsc_0016_r_3Dsc_0017_r

 丹波と言えば、「黒豆」。大きな粒の枝豆と栗ご飯をご馳走になりました。
 丹波のお酒も、とっても美味。純米大吟醸をたくさんいただきました。
 最近有名になったのは、2006年に発見された「丹波竜」。これで町おこしが盛り上がっているそう。
 全体会場で、丹波竜焼き130円を食べましたがおいしかったです。
 懇親会場では、ゆるキャラ「丹波竜ちーたん」が会場で愛嬌をふりまいておりました。
 

| | コメント (0)

JAET2011

Dsc_0002_r_2Dsc_0010_r_2
Dsc_0015_rDsc_0004_r

 6校の公開授業から丹波市立新井(にい)小学校を選んだ。研究主題が西目小と近く、「学び合い」の参考になると思ったからだ。授業を参観し、この学校を選んで大正解だったと思った。教材研究がしっかりしており、授業そのものがとてもよかった。むしろICT活用があまり目立たなかったことが好感が持てた。大会の副主題「授業にさりげなく活躍するICT」が実現されており、丹波市の先生方の授業作りが本物であることを実感できた。
 堀田龍也氏をコーディネーターとしたパネルディスカッション「わかった・できた・のびた」と実感できる授業づくり -明日からの授業にさりげなく活躍するICT-」では、最新の研究情報など多くを学ぶことができた。特に印象に残ったのは加藤明氏(兵庫教育大学大学院教授)の次の言葉。
 「活用とは、習得をより確かにすることである」

| | コメント (0)

2011.10.08

法要

 Dsc_0007_r
父3回忌、母13回忌法要のため山形県へ。
鶴岡市にあるレストラン「椿」で昼食。

その後、酒田市「天正寺」で法要。

両親の有難味をしみじみと感じた一日。


| | コメント (0)

2011.10.07

本荘・由利の地酒を楽しむ会

Dsc_0002_rDsc_0004_rDsc_0005_r
本荘・由利の地酒といえば、

 天寿 
 出羽の富士
 由利正宗 
 秋田誉
 飛良泉

 
 たくさんの種類のお酒をたっぷりこんと味わえて、
(もちろんおつまみ弁当付きで)

お一人様3千円。

 こでらいねな!
 (たまりませんねえ)


| | コメント (0)

2011.10.02

国語研究会IN茨城大学2日目

Dsc_0006_r
 昨夜は、勝田にある「笹月」で一献。もう茨城に来たら、ここしかないっ! という感じです。
 料理もお酒も超おいしい。
 どの料理も美味でしたが、今回は特に、大きな伊勢エビとアワビ、まるごと一匹に感動いたしました。

 研究会二日目は、模擬授業Ⅰ <京野真樹氏> 教材は、新美南吉「島」 難教材ですが見事でした。
模擬授業Ⅱ <佐藤康子氏> 教材は、「きつねのおきゃくさま」
  感動して涙が出ました。いい教材、考えさせられる発問でした。
 講演<濱田純氏> 「秋田の学力 ~三つのターニングポイントとは何か」
              現在4つめのターニングポイントだそう。今後何をすべきか。
 
                              

| | コメント (0)

2011.10.01

国語研究会IN茨城大学1日目

Dsc_0007_r
 朝、ホテルのバイキング朝食を食べていたら声をかけられた。誰かと思ったら、京野真樹氏ではないか。偶然同じホテルに泊まったらしい。
 ホテルを8時ちょい過ぎに出て、茨城大学へ。ここでまた不慣れなナビに惑わされ、同じようなところを行ったり来たり…。あげくの果てに「経路再検索不能」と出た。完全に仕事放棄である。そんなことでいいのか、ちゃんと最後まで働け!と叱咤したところで、状況はちっとも変わらなかった。
 それでもなんとか開会時間の9時を10分オーバーしたぐらいの時間で大学到着。しかし、今度は「D棟」というのがわからない。教育学部だとは思うのだが…。A棟、B棟、C棟はすぐに見つかったが、D棟がないのよね。人に尋ねてもわからず、ぐるぐる歩いたら、B棟の後ろにありました。(涙)
 そんなわけで、模擬授業Ⅰ<京野真樹氏>は、途中から参加。
                              教材は谷川俊太郎「なまえ」
          模擬授業Ⅱ<佐藤康子氏>  教材は北風と太陽
     午後は、模擬授業Ⅲ<京野真樹氏>  教材は「お手紙」  
          講演     <濱田 純氏> 言語と身体からの出発

 昨年12月の研究会とは違い、模擬授業を受ける生徒役ではなかったため、じっくりと授業技術を見ることができた。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »