« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.20

ココログエディタ

iPad2から写真を投稿できるアプリを試してみました。
iPhone用のアプリですが、ちゃんと使えますね。

1313828339880.jpg

| | コメント (0)

2011.08.19

iPad2買っちゃいました

 東北中央病院人間ドック終了後、天童市に向かう途中、ヤマダ電機を発見。時間つぶしに店内をぶらぶらしていたら、iPad2があるじゃないの。初代にくらべ、薄く軽くなっているうえ、カメラまでついてるじゃああーりませんか。やっぱ、欲しいなー。ということで、少しだけ迷ったけど、購入を決めちゃったよーん。
 8月18日は箱を空けず、19日帰宅後に開封いたしました。

| | コメント (0)

2011.08.17

人間ドック

 山形市にある東北中央病院にて、2泊3日の人間ドックを受けております。現在は、二日目の検査をすべて終えたところ。明日は、バリウムのみ。午前で終わりですが、天童の友人の所にいくので、本荘に戻るのは19日。
ゆっくりとした時間を過ごさせてもらっています。

| | コメント (0)

2011.08.15

南北インド巡礼2011の写真と本文をアップしました

 7月28日から8月11日に帰国するまでの詳細と写真をアップしました。
 ぜひご覧下さいませ。
 

| | コメント (0)

2011.08.11

帰国&帰郷

 エアインディアは、10時に成田到着。スカイライナーで上野。
 帰省ラッシュにぶつかってしまったらしく、新幹線「こまち」は立ち席しかないとのこと。
 12時34分発こまちで帰郷。疲れた体に立ち席はきついいですなあ。

 今回の旅は、中盤から試練の連続だったけれど、逆に「もう何でもこいっ」という強い気持ちになれたことが大きな収穫だったような気がします。

 午後6時26分、羽後本荘駅到着。明日は、教育課程で秋田県総合教育センターに出張です。(^_^;)

| | コメント (0)

2011.08.10

ご心配をおかけしました

 昨日、4度目の足止め地点は、今朝になっても復旧のめどがたたないため、廻り道で三つ山越え。
 途中、地元の学校の校長先生、男子生徒、女子生徒2名と、3度も車に乗せてあげる、親切な運転手さん。
 余裕があります。
 6時間半かかって、午後1時、やっとこさデヘラドゥーン空港到着。16時、国内線でデリーへ。

 デリーで、国際線のチケットを受け取る。やっと帰れるなあ…。
 バーで、ビールやカクテルを飲む。北インドでは1回も飲んでなかったなあ。
 バーテンダーの話す英語がすごく聞きやすかった。(運転手さんの英語はホント聞き取れなくて苦労しました)
 21時15分発エアインディア306便で帰国。さすが、エアインディア、今回もやっぱり出発が1時間半遅れました。
 
Dvc00122_r


| | コメント (0)

2011.08.09

お手上げ

 昨日足止めを食らった地点を、午前十時半、やっと抜ける。
 しかし、そこから1時間足らず、バドリナートから68キロ地点で三度目の足止め。
 あああ…。もう、帰りの飛行機には間に合いません。
 お手上げです。一日遅れでも、帰国できるといいなあ。

 この地点は午後3時半にオープン。4時少し前に抜けることができた。
 夜遅くなっても、リシュケシュまでいけるかなあと期待した。
 午後7時頃、シリナガルへあと1時間という場所で4度目の足止め。あああああ。
 明日の飛行機に乗れるかどうかも、わかりましぇん。
 今日もまた、近くの村の安宿に宿泊。もうどこでもへっちゃらです。


Dvc00119_r_2


| | コメント (0)

2011.08.08

自然には逆らえない

 今日の目的地リシュケシュまでは、12時間近くかかるというので朝早く出発。
 5分も走らず車は止まった。夕べの雨で土砂崩れ。復旧に6時間はかかるだろうとのこと。
 ホテルに戻り、ひたすら待つ。午後3時すぎ、やっと出発。
 ところが…。約2時間走った地点で再び、足止め。やむなく近くのホテルに宿泊。
 明日の午後4時まで、デヘラドゥーン空港に着けるのだろうか??
Dvc00115_r


| | コメント (0)

2011.08.07

バドリナート

 昨日に凝りて、朝5時出発。今日は順調…、と思いきや、7時過ぎ、車のタイヤがパンク。
 すぐに出発したものの、8時頃、再びトラブル発生。今度は道路閉鎖だと。
 ルドラパリヤーグのホテルまで十数分だったので、ホテルに戻り休憩。3時間足留めを食う。11半出発。

 結局、バドリナート(標高3096m)に着いたのは午後6時近く。
 荷物を置き、急いで寺院へ。筋肉痛で歩くのが辛い。寺院内で、しばし瞑想。
 夕食の野菜スープ、野菜チャーハン、野菜団子が美味かった。
 ここもお酒はないがチャイで十分。そう言えばずっと飲んでないがなあ。

Dvc00102_r


| | コメント (0)

2011.08.06

ケダルナート

 ゆっくり朝食(野菜サンドとチャイ)をとり、7時3半出発。後から思えば、これがまずかった。
 ケダルナート拠点の街ゴーリクンドまで2時間で着くはずが3時間半かかった。
 11時登山開始。ケダルナート(標高3584m)までは片道14キロの登山だ。
 頑張っても6時間、普通は7時間はかかる。これでは、今日の予定地まで行くのはハナっから無理。
 でも5時までに戻れば…。
 初めは勢い良く登ったものの、1時間半たってまだ6キロしか登っていなかった。
 ここで潔く歩くのを諦め、お馬さんのお世話になることに。
 僕の乗った馬は、白馬で見た目はよかった。でもなんだかあまりやる気のない馬で、
 3頭連なって歩くのに必ず遅れるの。で、おじさんにお尻を棒でしばかれるとやっと速く歩くという。
 ま、そんなこんなで結局、登り約4時半。(涙)

 急いで寺院に参拝。ここで瞑想する予定だったが、時間が取れない。
 午後3時半、下山開始。これまた最初は勢い良く、10分で1キロペース。
 1時間半で9キロ下ったまではよかった。雨がだんだん多くなり、体力が奪われる。
 これ以降、徐々にペースが落ち始める。雨で馬の糞が道に流れ悲惨な状態。
 膝がいうことをきかなくなり、最後は落ち武者状態。結局着いたのは6時18分。

 ドライバーと連絡が取れるまで多少時間を食い、宿泊先を急遽変更。
 泊まったホテルは、お湯が出ないのでシャワーは諦める。
 食べてあったかいチャイが飲めただけで幸せ。

Dvc00099_r


Dvc00100_r


| | コメント (0)

2011.08.05

デヘラドゥーン

10時の国内線でデリーからデヘラドゥーンへ。11時半到着。北インド聖地巡りのスタート。
 専用車でルドラパリヤーグへ。山道の悪路を6時間もゆられ走り、へろへろ。
 ホテルはけっこう良かった。親切な従業員さんたち。
 ビリヤーニとサラダで夕食。ビールはないがチャイで十分満足。
Dvc00094_r


| | コメント (0)

2011.08.04

南インド巡礼の旅は終わり

 8時出発、マドゥライ空港11時半到着。案内板が良く見えないよう。
 16時発国内線でバンガロールに戻る。
 空港の到着口で、アガスティアの葉のリーディングブックを受け取る予定が、誰もこない。
 こちらから電話をして、やっと事情が判明。英訳が間に合わなかったので、電子メールでおくるとのこと。
 それならそれで、係りの会社員はそれを伝えるために空港に来るべきだし、あるいは電話で伝えてくれればよかったのになあ…。

 空港のレストランでビールを飲む。
 隣りに座ったおじさんが話しかけて来てくれたので、しばし会話。アガスティアを知らないことにちょっとびっくり。
 深夜11:50デリー到着。流石に疲れてばたんきゅう。
Dvc00090_r


| | コメント (0)

2011.08.03

アンバサムドラム~トリチュンドゥール(眼鏡が…)

 早朝、アンバサムドラムへ移動。ここは以前、ポティガイという地名だった。聖者アガスティアが活動した地であるとされる。シヴァ寺院にてアビシェンガム&アーチャナ。アガスティア寺院にてアビシェンガム&アーチャナ。続いて、パパナサムにてアーチャナ。この寺院は、2年前にも訪れたことを思い出した。

 終了後、トリチュンドゥールへ、5時間かけて移動。海のそばにあることで有名な寺院である。
 アビシェンガムは夜からということで、最初に海で沐浴することにした。
 これもまたナヴァグラハ・シャンティ・カンダムで指定されたプログラムである。
 インド人たちが大勢、海に入っているところにちょんとお邪魔して、波打ち際の近くの浅い場所に入る。
 少したつと慣れてきて、ちょっとだけ深いところに行った。すると、たまに高い波がくる。
 2つ3つと難なくかわしたが、4つめにとても大きな波がきた。
 思わず波に背中を向けたら、岸に向かって飛ばされてしまったい…!
 油断して、眼鏡をかけたまま海に入ったことを、ここで後悔しても後の祭りであるなあ…。
 予備の眼鏡など持って来ているはずもなく、これ以降、不自由な状態で旅を続けることになる。
 ショックではあったが、プログラムの実行時にこういうことになるんだから、これも仕組まれていたことだと考えることにした。立ち直りの早いボク。

 7時、スブラマニャ神とパンチャシヴァ神に対するアビシェンガム開始。アビシェンガムだけで5000ルピーと超高額なだけあって、内容は盛りだくさん。僧侶たちのサービスも充実。

 宿泊したホテルにレストランはなく、近くを捜しても目が良く見えないので断念。
 日本から持ってきた、アルファ米の五目ご飯と味噌汁を食べる。持参食料はこれでおしまい。今後がちょびっと不安。
Dvc00083_r


Dvc00084_r


| | コメント (0)

2011.08.02

マドゥライ2日目

「夕べの事件」とは、パスポートの置き忘れだ。
 ウェスタンユニオンで両替した際、パスポートを置き忘れた模様。
 ホテルに帰ったら、電話が来ており、パスポートを預かっているという。

 翌日、両替店のフェルナンドさんの自宅を訪ね、無事パスポートは戻ってきた。
 「どうして私の泊まっているホテルがわかったのですか?」
と尋ねると、そのあと来たお客さんが、同じホテルで日本人を見たと言ったので、電話をしてみたということだった。神様のお計らいとしか思えないような出来事だった。感謝!

 そのまま、ティルカバンクブドラム寺院へ。ここでもまたスブラマニャ神へアビシェンガム&アーチャナ。

 午後、有名なミーナークシー寺院へ。シヴァ、パールバティ、アガスティアに、アビシェンガム&アーチャナ&ライティングディーパムを捧げる。
 酒屋でビールとラム酒を買い、夕食はルームサービスを利用。今日もまたマッシュルーム・マサーラを食す。

 【マドゥライまで南下して参りました。ホテルのパソコンのブラウザは日本語表示できないので、ケータイからアクセスしてのブログ更新であります。体調良く元気に旅を続けております。夕べの、きのこのカレー美味しかったぁ】
Dvc00061_r


Dvc00070_r


| | コメント (2)

2011.08.01

パラニの寺院そしてマドゥライへ

 パラニの寺院へ。運転者さんは病院へ行って注射をしてもらうということで、寺院の人がガイドを代行してくれた。
 麓でアビシェンガム用のミルクを買い、ロープウェイで山頂の寺院へ。
 スブラマニニャ神に対しアビシェンガムとアーチャナを捧げる。

 11時、マドゥライへ向け出発。午後3時頃到着。ホテルチェックイン。しばし休憩。
 4時半出発。PalamuthirSorai 寺院にてスブラマニャ神にアビシェンガムとアーチャナを捧げる。
 帰り途に両替。ここで、事件が起こる。(詳細は別枠に記す。)

 ホテルの屋上レストランで野菜チャーハンの夕食。カールスバーグビールを飲む。
 ホテルのBARでビールとラム酒。マッシュルーム・マサーラの旨さに感激。


Dvc00051_r_2


| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »