« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.24

iPad買っちまったぜぃ

Img_0274_r ついに買いました。秋葉原のヨドバシカメラで。「ちょっと寄ってみて、在庫があったら買おうかなー」って、思ってたら、たくさんありましたですね、これが。
 Wi-Fiモデルにすることは決めていたんだけど、16GB、32GB、64GBどれにするかは店先で迷いました。でもって、悩んだあげく一番安い16GBモデル(48,800円)に決定。
 理由は、って?  次のモデルが出たら、すぐに買うためです。 (^_^;)

| | コメント (0)

2010.09.23

電子黒板大当たりーぃ!!

Img_0273
 展示企業のブースを回るごとに、シールを1枚貰うことができる。5色のシールを2枚ずつ10枚集めると1回、3枚ずつ15枚集めると2回抽選ができる。本日のセミナーが終わり、会場を出る前に抽選に参加した。
 1枚目のくじをあけたら、「E賞」。USBの小型卓上扇風機。2枚目のくじは手書きだった。係の人が「電子黒板です!!」と大きな声で言う。周囲にどよめきが起きる。近くにいた人が、かなりびっくりしていた。
 今回の賞品の中で、一番高価なものがあたったみたい。(定価157,290円)
 写真の通り、コンパクトな「e黒板」(ウチダeB-S for school)。
ワイシャツの胸ポケットに入れて持ち運べるというのが売り。さあて、どこの教室で使おうかな? (^o^)

| | コメント (0)

New Education Expo2010 IN 東京

Img_0271
 本日、以下の3つのセミナーに参加。
 「T15 英国のICT活用授業とその支援体制に学ぶ」 (コーディネータ 堀田龍也氏)
 「T21 確かな学力を支える普通教室のIT環境 
  ~玉川大学と内田洋行の共同研究の成果から~」 (コーディネータ 堀田龍也氏)
 「T31 日常的な電子黒板活用の実際と展望
  ~全教室に電子黒板が導入されたモデル校の実践から~」 (コーディネータ 中川一史氏)

 10年ほど前、イギリスの学校を視察したことがある。当時、ICT活用授業の先進国ではなかったイギリス。
わずか10年でこれほどまで、日本と差がついてしまった。
 我が国の教育情報化は、今後何を具現化して進めていくべきなのか、考えさせられた。
 電子黒板。プロジェクタ&実物投影機もそうだが、学校に1台ではどうしようもない。2学級に1台でも日常的に使うようにはならない。全教室に導入されてこそ、日常的に活用されるようになるんだ! という実践者にとっては当然至極当たり前の事実が、広く一般化されるためにも貴重な研究実践。

| | コメント (0)

2010.09.13

由利本荘市市議会教育民生委員視察

 自然教室1日目の木曜午後、連絡が入る。「月曜の午後、市議会教育民生委員7名が視察に来るから、電子黒板を使った授業をしてくれないか」と。「あんれまあ、急な話だな」とは思ったが、快諾。
 翌金曜日。教育委員会6名も加わり。計13名になったと連絡有り。
 土日で準備し、本日、授業に望んだ。6年社会「文明開化」の授業。冒頭、フラッシュ教材(e-Teacher)「歴史人物」と自作のパワーポイント教材「歴史人物肖像画クイズ明治維新編」でウォーミングアップ。
 授業では、教科書の明治初期の東京の絵を提示して、明治になってからとりいれられたものを見つける作業をさせた。発表は、もちろん、子供が電子ペンでその部分を囲みながら行う。
 教師だけでなく、子供も電子黒板を使いこなしている場面を見てもらいたかった。
 授業の後半は担任におまかせして、パソコン室にて電子黒板活用のプレゼンと質疑応答を20分弱。反応は良かったように思う。電子黒板活用、ICT活用授業の有効性を感じ取っていただけたとすれば嬉しい。

| | コメント (0)

2010.09.10

自然教室(岩城少年自然の家)

 最近8年、ほぼ毎年自然教室の引率に来ている。(唯一違う1年は、自然の家で働いていた年)。
 西目小学校の自然教室は、テント泊なのだが、悪天候のため、2年連続で館内泊に変更になっていた。今年は台風が直撃するという情報があり、前々日まで実施すら危ぶまれていた。ところが、台風の進路が変わり、好天に恵まれた自然教室となった。
 1日目は、テント設営、プロジェクト・アドベンチャー、野外炊飯、ナイトハイクともに順調。
 2日目も、ポイントラリー、テント撤収と大きなトラブルなく終了。怪我や体調を崩した子がいなかったが何よりだった。校務のため、2日目の昼食後すぐに学校に戻らなければならなかったのは少し残念。子供たちは、その後予定通り学校到着。元気いっぱい活動したせいか、帰りの足取りは重そうだった… (^_^;)
 

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »