« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.25

2学期スタート

 教頭先生が休職のため、新教頭の新任式。そして2学期の始業式。終了後、恒例の「生徒指導主事のお話」。
大きく二つの話をする。一つは「生活のリズムを取り戻そう」。
 (一番取り戻せないでいるのは自分かもしれない…。夏風邪がずーっと抜けまっしぇん)  (-_-) 
 もう一つは、本校のテーマである「夢を追いかけよう」の話。中欧の写真を数枚ご披露。
 なぞかけ生徒指導第2弾も。

| | コメント (0)

2010.08.18

電子黒板研修会

_r
 由利本荘市情報教育研修会。今年2月、市内全小中学校に1台ずつ導入された電子黒板の操作方法について研修。グループ協議では、電子黒板の活用状況についての話し合いがもたれた。
 この電子黒板、重いため、階段を使った移動は非常に困難である。必然的に1階に置かれることが多くなり、使うためには、人間の方が移動することになったりする。(西目小のようにエレベーターで移動できるところは殆どない)。
学校によって、使われる頻度に差が出てくるのはいたしかたないことであろう。もっともっと有効に活用するためにも、学校に最低3台は欲しいところである。

| | コメント (0)

2010.08.17

茨城・秋田の国語教育架け橋の会合同研修会

 「文章の内容・形式を一体的に読み取る国語科授業の創造」をテーマに、秋田市ジョイナスを会場に開催された。
  10:00~11:00 挨拶・講話    大内善一氏
  11:00~12:00 講話・模擬授業 京野真樹氏
  13:30~15:30 研究発表(茨城2名、秋田2名)
  15:45~17:00 教材分析と授業の構想(全体協議)
             「ごんぎつね」
 
 学級担任を離れて、はや9年。国語授業はTTでたまに入る程度だった自分にとっては、久々の国語研究会。大内先生の講話を拝聴しながら、実践の日々を思い出した。また、京野氏の模擬授業には引き込まれた。教材分析は言うまでもなく、授業技術もかなりの腕前であった。茨城の先生方の研究レベルは高く、中途半端な気持ちでいられないという思いを強くした。終了後、山王「酒盃」にて懇親会。おいしい料理と、日本酒をたらふくいただきました。

| | コメント (0)

2010.08.07

帰国

SU172便は、ソフィア発12:30 モスクワ着16:25 <2時間55分>
今モスクワ空港で成田行きSU575便を待っているところ。ソフィアもモスクワも無線LANは無料だ。そう考えると成田はせこいぞ!
モスクワ19:40(日本時間0:40)発 成田10:00着 <9時間20分>

| | コメント (0)

旅の終わり

Img_0250Img_0251Img_0253


今回の旅の最終夜は、ブルガリア料理で締め。「カヴァルマ」は肉と野菜を合わせて炒めた、ブルガリアを代表する料理。ワインも「メルニックの赤」が世界的に有名だそう。ポークカツレツとともに美味しく戴きました。

| | コメント (0)

2010.08.06

今日だけは移動なし

Img_0244
Img_0234
Img_0242


 昨日夜、ソフィアに戻ってきた。一度経験したおかげか、戻り列車の9時間は辛く感じはしなかった。中央駅からジェンスキパザール(市場)を抜けてホテルへ戻る。夜10時近くになったので、ホテルのレストランで、またスパゲッティとビール。
 長い旅も、今晩が最後のホテル泊。明日の昼の便に乗り、モスクワ経由で帰国する。成田到着は8日(日)午前10時の予定。
 移動し続けたハードな旅だが、唯一今日だけは、乗り物に乗って移動しない日。ゆっくり歩いてソフィア市内観光。
 アレクサンダル・ネフスキー寺院、聖ペトカ地下教会、ソフィア教会などを見学。

| | コメント (0)

2010.08.05

ブカレストからソフィアに戻る

 朝風呂に入って、ゆっくり朝食をいただく。ああ、至福のひとときでんなぁ。(*^_^*)
 10日以上ずーっとシャワーのみという状況は、日本人には辛いところでした。
 これから市内をちょっとだけ観光して、再びソフィアに戻る予定。また、あの列車の過酷な環境に9時間も耐えねばならぬと思うと気が滅入る…。
 写真は、真ん中が、大学広場そばにある「国立劇場:。右が「国民の館」。故チャウシェスク大統領が1500億円を投じて造らせた未完の宮殿。

Img_0219Img_0221Img_0227


| | コメント (0)

2010.08.04

ブカレスト(ルーマニア)

Img_0216Img_0218Img_0219
 前回は、タイトルだけアップして、本文がなくてすみません。ホテル無線LANのセキュリティ設定が高いせいかどうか、アップしようとするとエラーになるんですう。せっかく入力した文章が全部消えて唖然としました。
 おかげで、ソフィア中央駅に行くのが遅くなり、あせる。国際線窓口を探すのに手間取り、ユーロもカードも使えなくて急いでブルガリアの通貨に両替しに行ったり…。切符を受け取って乗り場まで走ったら残り5分。1日に2便しかないから逃すと大変。
 9時5分ソフィア発。国際列車なのに、エアコンはなく、日差しを遮るカーテンやブラインドなどもない。おまけにトイレは汚れてる。車内はどんどん暑くなる…。ブカレストまで、9時間24分の長旅でこれは過酷だった。
 6時29分の予定を15分ほど後れて到着。現地通貨をキャッシングして、明日の切符をカードで購入。地下鉄に乗り、ネットで予約したホテルへ。Universitate駅から徒歩2分というが、予約したサイトに地図がなかったため、探し出せない。いろんな人に道を尋ねたが、探せず1時間くらいうろうろ。くたくたになってようやくたどり着く。
 RELAX COMFORTは4星だが4600円で予約できた。バスタブありで設備も充実。快適至極。エアコンをがんがんかけて、日中のうっぷんをはらす。(^_^;)


| | コメント (0)

2010.08.03

ティラナ~スコピエ(マケドニア)~ソフィア(ブルガリア)

Img_0200Img_0206Img_0215

バス出発までの長い待ち時間。通常なら、博物館や美術館で涼しくゆっくたり過ごせるのだが…。あいにくこの日は月曜日、ほとんどが休館日だった。町歩きや公園で時間を潰す。最後はカフェで3時間半。(*^_^*)
 7時半バス出発、初めは空いていたが、1時間ほどしたら急に満席に。おまけに座席をめぐるトラブルで、発車が1時間近く後れるハプニング。バスにエアコンはなく、暑くて大変。日付が変わる頃にようやく涼しくなってきたがなられるもんじゃありません。トラブルのおかげで、バスは2時間以上後れてスコピエ到着。郊外におろされてあせるが、急いでターミナルへ。途中、オールドバザール、教会などを駆け足で観光。8時半のバスになんとか間に合う。
 ソフィア行きバスは18ユーロ。新しく、エアコン付きで快適、乗客もまばら。5時間爆睡。ソフィア到着は1時半。ホテルの場所がわからず苦労するも、道を尋ねた人々が親切で感謝。なんとかホテルを探し当てる。今日は1日ホテルでゆっくり休養だーい。


| | コメント (5)

2010.08.01

ティラナ(アルバニア)

Img_0188Img_0195

 ウルツィニで宿泊した、ホテル・メデタリアン・リゾートは、タオルが置いてなかったり、全室LAN接続を謳いながら、部屋からは繋がらなかったりと、多少のトラブルがあった。まあ、ロビーではつながったから良しとしよう。部屋からの眺めもよかったし。オーナーは親切だったし。
ウルツィニのバスターミナルからシュコダル(アルバニア)行きのバス(6ユーロ)は、12時30分発だった。待合室では、無線LANが繋がったので、ネットサーフィンをしながら過ごす。定刻発。1時間半で、シュコダル到着。バスを降りると、ミニバスが待っていて、ティラナまで一人5ユーロだという。バスを降りた10名ほどがすぐに乗り込む。日本語を勉強中だという、台湾の若者と同席になった。ティラナまで100キロ以上あるのに、これまた1時間半で到着。今回もっとも困難と思われたアルバニアの国境越えは、こうしてあっけないほど簡単にクリアできた。
 市内中心部、スカンデルベグ広場近くで、スコピエ行きバスチケット購入。ホテル・ノーベルを訪ねるも、あいにく満室。でも、チェーンホテルを紹介してくれた。36ユーロ。小さいけど、新しく、無線LANありで快適。夕食は近くのレストラン。リゾットを食す。美味。


| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »