« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.31

コトル&ウルツィニ(モンテネグロ)

Img_0185Img_0186Img_0188
 コトル行きのバスは、ドブロヴニク10時半発だが…。なかなか現れない。30分、1時間、1時間半…。やれやれとバスに乗り込んだが、途中、パスポートチェックやら渋滞やらでコトルに着いたのは3時半。予定より3時間遅れだ。これに加え、朝からずっと生憎の雨のため、コトル観光を断念。バスの終点ウルツイニまで行くことにした。ブドヴァのターミナルに着いたのは4時半近く。「さあ、次はバールだな」と思って窓の外を見たら、進行方向の左側に海が見えるではないか…。あれっ? 右側に海があるはずなのに…。ってことは、このバス、引き返してる? ウルツィニ行きって大きく書いてあるのに…。だが、コトル方面へ戻っているのは確か。がびーん。ま、しょうがないか。コトルから、またバスに乗ればいいさ。
 ところがこのバス、コトルのバスターミナルに寄らず、フェリー乗り場の方に向かうではないか。運転手に聞き、たまらずバスを降りる。しょうがないので、歩いてバスターミナル方面に向かう。30分近く歩いても、それらしい標識もない。第一自分が今どの変にいるかもわからない。道行く人に聞いても英語は通じない…。途方にくれていると、向こう側から空車のTAXIが来る。ラッキー!!
 バスターミナルまで、かなりの距離だった模様。10分以上走ったろうか。料金は9ユーロ。ターミナルに着いたら、すぐにバール行きのバスに乗れた。この時、6時50分。ふう。これで一安心。だいぶ落ち着いた。問題は、バール到着が9時過ぎ。その時間からウルツィニ行きのバスがあるかどうか…。
 でも、その心配は無用だった。到着したら目の前にそのバスがあった。待ち時間ゼロ。ウルツィニのバスターミナルからタクシーでホテルへ。10時半到着。シャワーを浴び、冷たいビールを飲んで人心地。
 ハプニングは旅を印象深くするってか!? (^_^;)


| | コメント (0)

2010.07.30

ドブロヴニク(クロアチア)

Img_0137Img_0156Img_0176_2

朝、モスタル旧市街を観光。モスタルは、オスマン朝時代の影響が色濃く残る町。カラジョブ・ベゴヴァ・ジャミーヤ、スターリモストなどが見所。スターリ・モストは、ネレトヴァ川に架かる、モスタルを象徴する橋。
 10時発のバスは、20分遅れでやってきた。途中3回ものパスポートチェックがあったりして、ドブロブニク到着は3時近く。バスターミナル近くのホテル「ペトカ」にチェックイン。しばし、休憩。
 旧市街まで多少距離はあるが歩いて観光に向かう。「アドリア海の真珠」と言われるドブロヴニク、今回の旅で一番楽しみにしていた場所だ。まずはピレ門。すぐにオノフリオの大噴水。ここからルジャ広場までプラツァ通りが続く。フランシスコ会修道院、大聖堂、スポン座宮殿など、見所がいっぱい。ルジャ広場のオープンカフェでビール。
 夕食は、ホテルの外のレストラン。シーフードスパゲッティとビール&ジン。アドリア海の海の幸を堪能。


| | コメント (0)

2010.07.29

サラエボ&モスタル(ボスニアヘルツェゴビナ)

 ベオグラード発08時のバスに乗るため、ターミナルへ。改札のとき、コインを出せと言われる。裏を見て気がついた。変なコインが1枚混じってたから、部屋に捨てて来ちゃったい…。再発行料金120DIN(150円くらい)をとられた。ま、いっか、金いっぱい余ったし。
 サラエボまで8時間。トイレが少し心配だったが、2~3時間に1度トイレタイムをとってくれたので助かった。山の中を走ってなかなかの景色。予定時間通り、午後4時サラエボ東バスターミナル到着。ここに両替所はないので、300メートル離れたスーパーまで行き、ATMでキャッシングせねばならない。ところが、機械の不具合で引き出しができない。(私以外の人もそうでした…)。仕方なく、市内へのバスが出ているターミナルへ向かう。こうなったら、バスの切符を無理矢理ユーロで買うしかない。と、そこに日本人らしき若者が一人。何かお困りですか、と声をかけてきてくれた。事情を話すと、ユーロと現地通貨を交換してくれるという。ありがとう!! 助かった。運がいいなあ僕は!
 103番のトロリーバスで市内へ。バスの運転者さんに英語が通じず、中央駅をかなり過ぎたところでバスを降りる。でもそこは、サラエボ一番の繁華街バシチャルシア。(きっと「セントラル」という言葉だけ通じて「ステーション」が通じなかったのだな。)観光しながら、中央駅隣のバスターミナルへ。ラッキーなことに、モスタル行きのバスが5分後に出るという。バスに飛び乗り、3時間でモスタル到着。ホテルを探す。2軒満室で断られ、3軒目でOK。50ユーロ。無線LAN付。これまた運がよかった。

Img_0127Img_0130_2Img_0133


| | コメント (0)

2010.07.28

ベオグラード(セルビア)

 ずいぶん安い料金。ベッドない夜行列車だった。それでも、狭くて低い寝台よりはまし、と思ったらそうではなかった。切符検札とパスポートチェックで6~7回起こされた。6時19分、ベオグラード到着。隣接のバスターミナルで、明日のサラエボ行きの切符を買う。ホテルの場所を確認に行ったら、すぐにチェックインしてくれた。ラッキー。寝台泊が3日続き疲れた身を休める。
 午後、市内観光。町の中心テラジエから、カレメグダン公園などを歩く。物価が安く、バス料金のおつりでもらった1090ディナール(1500円ほど)が、なかなか減らない。ビールとかつまみをたくさん買っても半分あまっちゃった。
早めの就寝。明日からはしばらく、バスの旅が続く。
Img_0122Img_0123


| | コメント (0)

2010.07.27

リュブリャーナ(スロベニア)

 前回の寝台は、6人用に2人だったが、今回は6人びっしり。日本のようにカーテンなどはないから落ち着きません。おまけに隣は若い女性ときたもんだ。
 ウィーン西駅到着は約50分間遅れの7時20分。リュブリャーナ行きの列車は何番線かを見る。あれっ、ない。リュブリャーラナ行きが…。もしかして…。
 インフォメーションに走って聞く。「リュブリャーナ行きに、乗りたいんですが…」「東駅に行きなさい」がびーん。そうか、ブラチスラヴァ行きと同じ駅か。
 地下鉄の路線図をもらって、走りながら見る。「U6」で4つ目。残り時間30分。かなりあせったが、15分で東駅に到着。切符を購入。63.2ユーロ。08時03分発。16時06分着。
 リュブリャーナ旧市街は時間がゆったりと流れている感じ。プレシェーレン広場付近は、車を通らせない部分が多く、のんびり歩いて観光するのが楽しい。多くの人が、外に出されたテーブルと椅子でビールなどを飲んでいた。リュブリャーナ城、三本橋トロモストウイエなどを見学。3本橋のひとつが有名な竜の橋。
 駅前の中華料理屋で夕食。チャーハン&ビール。21時15分、ベオグラードに出発。47ユーロ。
 Img_0111Img_0112Img_0117


| | コメント (0)

2010.07.26

クラクフ(ポーランド)

 25日は、終日プラハ市内観光。「黄金の都」「黄金のプラハ」と賞される風景、街並みは見事。
プラハ発21:32寝台でクラクフへ。1等なのに、3段ベッド。狭い…。腹ばいになってビールを飲み、骨付きチキンを食す。06:24着。早速、本日のウィーン行き寝台切符を購入。ATMでキャッシング。チェコでレートの悪い円の両替をさせられ懲りた。この方法が一番お得。駅からゆっくり歩いて市内観光。最初に、浮世絵が展示してあるという日本美術センター・技術館「マンガ館」まで行くも、あいにく定休日。気を取り直して、ヴァヴェル城、中央市場広場などを見学。昼頃、疲れ果てて駅にもどる。駅横のショッピングセンターのカフェにて、無料のLANスポットを利用。メールやネットをして時間をつぶす。22:11まで、何してすごそうか??
Img_0069_2
Img_0067_2Img_0073_2


| | コメント (0)

2010.07.24

モスクワ経由でプラハ(チェコ)へ

 23日(金)羽後本荘21:43発、あけぼのB寝台ソロ乗車。24日(土)上野06:58着。日暮里で京成線に乗り換える。特急でのんびりと成田へ。8時44分空港第一ビル着。5階エグゼクティブ・ラウンジで休憩。アルコールは最初の1杯が無料。10時チェックイン。3万円をユーロに両替。レートは、1ユーロ116円48銭。文庫版や雑誌数冊を購入。
 12:00発SU582便で モスクワへ。17:25(日本時間22:25)着。10時間25分の長旅。読書と映画鑑賞と食事と睡眠で過ごす。アエロフロートロシア航空は、思ったよりもサービスが良かった。エコノミークラスのドリンクサービスにアルコールがないのは、返す返すも残念だが…。
 モスクワ国際空港は、乗り換え手続きが面倒。何でこんなに時間がかかるのか。飛行機までのバスに乗ってからも、またトラブル。時間ぎりぎりに搭乗。モスクワ19:05発SU143便。 プラハ(チェコ)19:45(日本時間26:45)
着。2千円だけチェコ・コルナに両替。340コロナ。聞いていたとおり、空港はレートが悪い。チケット(26コロナ)を買い、バスに乗る、ディビッカー駅で地下鉄A線に乗り換え、MUSTEK駅下車。今宵の宿、ジュリス・ホテルへ。いいホテル。部屋も広くてきれい。道向かいの売店で、缶ビールとチキンバーガーとミネラルを購入。250コロナ。さすがに疲れてバタンキュー。 (-_-)


Img_0031Img_0032Img_0034


| | コメント (0)

2010.07.23

平成22年度1学期終業式

 明日から1ヶ月の夏休み。式後恒例の「生徒指導主事のお話」では、パソコン&プロジェクタを使用せず、厚画用紙で作ったフリップを使った。昨年度の「ことわざ生徒指導シリーズ」に替わり、「なぞかけ生徒指導シリーズ」をご披露。(*^_^*) 

 「事故防止に大切な心構え」とかけて、
 「バレーボールやバスケットボールのプロ選手」と解く、
 その心は、  「どちらも、○○が必要です!」

 整いましたかな?? 答えは、ひみつにしておきましょう。 (*^_^*)

| | コメント (0)

2010.07.20

勲ちゃんの旅道具その2

Img_0894


 おまたせ、いたしやした! 勲ちゃんといえば、モバイルグッズですね。LooX-Uは、今回が初めての海外です。
ケータイはドコモSH906i。iPhone3GS。デジカメはIXY930IS。周りにあるのは、充電器やUSB充電コード。サスコムも海外必需品。 

| | コメント (0)

2010.07.18

勲ちゃんの旅道具その1

1_4


今年も、もうすぐ海外へ高飛び、じゃなかった、研修、でもないか…、する期日が迫ってきた。今回は移動が多いから、カバンは中くらいのディパックひとつ。衣類も最低限。

| | コメント (0)

2010.07.15

南こうせつコンサート

Img_0025_2 宝くじ「まちの音楽会 南こうせつ with ウー・ファン 心のうたコンサート」が、由利本荘市文化会館で開かれた。年齢層のかなり高い客層に少々驚きながら会場に入る。1曲目は「星降る夜」。かぐや姫LIVEに入っている懐かしい曲。2曲目も、かぐや姫時代から歌い続けている名曲「妹」。バックバンドは4人のシンプルな構成。いいですなあ、フォークは。心が落ち着きます。こうせつの語りも絶好調。「うちのお父さん」で、会場は一気に盛り上がりましたです。ウー・ファンさんの古箏演奏は見事の一言。特に、こうせつとのコラボ「夢一夜」が圧巻でした。ラスト曲は、由利本荘市の合唱グループと共演した「満天の星」。アンコールは「神田川」。大盛り上がりの再アンコールは「僕の胸でおやすみ」。大満足で帰路につきました。

| | コメント (0)

2010.07.13

動画変換ツールHandBrake

 「HandBrake」は、DVDやISOファイルをカンタンにmkvやmp4形式に変換してくれるソフトだ。レンタルショップなどで借りてきたDVDをパソコンに取り込んでおいて、旅先などで観ることがある。でもこの方法、ハードディスクの容量をたくさん喰ってしまう。(1本あたり4.3GB程度)。Photo そこで、カンタンに変換してくれるフリーソフトを探してたどりついたのが 「HandBrake」である。私が導入したのは英語版だが、操作は簡単だった。(変換に要する時間は、思ったより多かった)。mp4形式に変換してみたところ、ファイル容量は650MBほどになった。

| | コメント (0)

2010.07.06

席書大会審査初体験

Img_0021
 今年度、初めて他担で、3年生の「書写」授業を2学級担当している。(学担時代でも、今まで多分2回ほどしか受け持ったことはないと思う…)
 それほどまでに、書写に縁遠い私が、「審査」だってさ…。今日はPTA参観日で、おまけに教務も出張ということで、私に回ってきたらしい。しっかり勉強しなさいってことかな。いざ、やってみると、かなりの重労働。終了予定時間いっぱいまでかかってようやく完了。へとへとになった。(^_^;)

| | コメント (0)

2010.07.02

もろもろの慰労会

Dsc_1111_r
 1学期のもろもろの行事その他が大方終わり、今日はその慰労会。鶴千亀万にて、「飲み放題」を堪能。店が混んでいて、飲み物が運ばれてくるのに時間がかかったりしたが、ちゃんとロスタイムをとっていただきました。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »