« 校務の情報化推進セミナーから その1 | トップページ | やっちまったのね »

2010.06.06

校務の情報化推進セミナーから その2

Img_0008


 実践報告「それぞれの立場から『校務の情報化』をおこなってみて」
  1.兵庫県三木市立自由が丘小学校教諭 水野ルミ氏
  2.「校長が期待する校務の情報化」 札幌市立山の手南小学校長 新保元康氏
  3.「校務の情報化へ~学校と行政の連携~」埼玉県深谷市教育委員会 強瀬雪乃氏

 教諭、管理職、教育委員会という立場の違う3者からの実践報告。高橋の印象に特に残った点だけ記させていただく。 
 水野氏=スズキ校務ソフト導入以後、校務がとても楽になったと同時にパワーアップしたこと、その結果、心と時間に余裕が生まれたこと。
 新保氏=校務ソフトは学校経営の有力な武器であること、校務ソフト導入時は業務フローも見直さなければならないこと。
 強瀬氏=深谷市教育ビジョンにICTを活用した教育の仕組みづくりが示されていること。担任以外の教師も書き込む「日々の様子」の活用が、生徒指導・児童理解に大きな効果があること。

|

« 校務の情報化推進セミナーから その1 | トップページ | やっちまったのね »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 校務の情報化推進セミナーから その1 | トップページ | やっちまったのね »