« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.31

弾き語り

 夕べ、五番堂という店に行った。ギターが置いてあり、客が弾き語りなどをしてよい。無料で2曲歌える。当日は、「唄の市」ということで、歌った人には特典があるという。「それでは」、ということで、「加茂の流れに」(かぐや姫)、「精霊流し」(グレープ)をご披露。ハイボール3杯ゲット。(*^_^*) 長年、欲しい、欲しいと思い続けている、「マーチンD28」で弾き語りができて幸せ。

| | コメント (0)

2010.01.28

LOOX-U はバレンタインに届く

 富士通ショッピングサイトよりメールが届く。「手続きに入った」とのこと。「お届け予定日は2月14日」だそう。納品まで1ヶ月程度とウエブ・サイトにあったから、思ったよりも結構早く手に入りそう。(*^_^*)

| | コメント (0)

2010.01.27

理科出前授業(笹森崇行先生)

Img_0129_rImg_0120_r

6年理科「電流のはたらき」
1.コアに導線を巻いて電磁石を作る。
(コアはボルト2種類、木から一つ選ぶ。/塩ビ管は全部の班に配る)         
2.電磁石の強さ比べ競争をする。
(つり上げたゼムクリップの重さを比べる)
3.電流の発生を観察する。
 (磁石を出し入れする。モーターを手で回す、等)                                               "

| | コメント (0)

2010.01.26

ポスター完成

 あすなろ発表会宣伝ポスター完成。学校ホームページにアップ完了。

| | コメント (0)

2010.01.25

研究授業

 「市教委学力向上訪問」で理科の授業をした。5年松組。「もののとけかた」。考えてみれば、一人でやる研究授業は8年ぶりか。理科の研究授業は、初めてだなきっと。「食塩がとけると、重さはどうなるか?」という内容。予想を立てて、話し合いをするところに力点をおいて授業した。電子黒板を積極的に活用することも、意識して取り入れた。
 放課後、市理科教育センターでの備品活用研修に参加。毎回ためになる内容。

| | コメント (0)

2010.01.22

LOOX-U 注文しちゃった

Idx_pi_000
 発売を心待ちにしていた新LOOX-U。ウインドウズ7搭載で、小型軽量495グラムのかわいいヤツ。富士通のショッピングサイトで注文しちゃいました。CPUは一番性能の高いZ550(2GHz)、SSDは倍の64GBにして、なんやかんやで合計126,900円。色はルビーレッドを選択。ネットブックと比べると高いんだろうけど、スペック高いからこれでいいんです。

| | コメント (0)

2010.01.21

宣伝ポスター作り開始

 6校時、委員会活動。わが放送委員会は、あすなろ発表会(学習発表会)の宣伝ポスターを作り、ホームページにも載せるという仕事を担当することになった。6年生は、別の仕事をしなければならないということで、5年生が作成に取りかかる。ポスターはパワーポイントを使って作ることにした。写真や文字、イラストの切り貼り、レイアウトなどが容易にできるからだ。5年竹組には社会科授業でパワーポイントでのプレゼン作りを指導していたので、楽に進められた。子どもたちのセンスはなかなかのもの。完成予定日は来週月曜。

| | コメント (0)

2010.01.20

つなぎたい

由利本荘市では、市内の各小中学校、公民館などにTV会議ができる端末を入れている。交流学習等を行うには、とても便利な設備だ。今年度、矢島小学校と交流学習を行う計画があるのだが、端末がつながらないため、できないでいた。私が矢島小にいたときは、ちゃんとつながっていたのに…。ということで、許可を頂いて、昨日矢島小を訪問。端末の作動具合をチェック。動作に問題はなく、回線の問題と推測。学校教育課の担当者と連絡をとる。システムの更新等で、つながらなくなった学校が少なからずあるとの連絡。間にサーバーをはさむと、動作しない可能性があるらしい。本校も、つながらない状態にあることが分かった。

| | コメント (0)

2010.01.19

理科出前授業(金澤伸浩先生)

Img_0764_rImg_0790_rImgp0305_r
5年理科「もののちけかた」
 1.食塩や岩塩の結晶の観察とそのでき方  ~ 塩の製法,大陸移動の話へ
 2.シュリーレン現象の観察と濃度当て実験  ~ 屈折率,濃度,密度の話へ
 3.食塩水と砂糖水の蒸発実験   ~ 物質の違い,化学組成の話へ


| | コメント (0)

2010.01.18

新LOOX-U発売

 富士通LOOX-U/G90が1月21日から発売開始。ひじょーに魅力的。価格は10万円前後と、やや高め…。でも、常時持ち歩きのウィンドウズ・モバイルとしては最適。旅行にも重宝するのは間違いないだろう。購入をほぼ決意。あとは、どのモデルを選ぶかだけ。

| | コメント (0)

2010.01.15

電子黒板を日常的に使う

 冬休み中に納入された電子黒板。13日の職員会議後に、全職員対象で使い方の説明を受けた。さすがに、一度の説明で全員が使いこなせるようにはなりません。まずは、私が使いこなしましょう。(*^_^*) ということで、許可をいただき、理科室に入れる。キャスターが大きすぎて、教室に出し入れするのに、いちいち戸を外さなければならないのは面倒である。パソコンの画面だけしか映せないのは宝の持ち腐れ。実物投影機(書画カメラ)、DVDレコーダー、VHSビデオ、などをつなぐ。オーディオ・ケーブルをつなげばパソコンの音声もTVに内蔵のスピーカーから大音量で再生できることも分かった。理科授業だけでなく、社会科や算数の授業でも活躍してくれそうだ。授業終了後、6年生の子どもたちが、タッチパネルでのお絵かきに夢中になっていた。

| | コメント (0)

2010.01.14

3学期始まる

 1校時、新体育館びらき。真新しいスクリーンにプロジェクタを投影。以下の3つ。
  ①児童会の誓いの言葉 ②新体育館、使用のやくそく ③新体育館・授業のやくそく。
 2校時、3学期始業式。プロジェクタ投影は、次の二つ。
  ①校長先生のお話 ②生徒指導主事のお話(ボク)
 体育館での投影用に、キャスター付きパソコンディスクを流用。セッティングや移動が楽になりました。

| | コメント (0)

2010.01.10

今回は余裕…

 飛行機は11時25分到着予定が13時35分頃到着。「昨年夏の再現か?」と、気を揉んだ。電車で秋葉原に寄ってから帰るという希望はもろくも崩れる。羽田から15時50分発の秋田空港行きに乗り継ぐには、電車では心許ない残り時間。今回もリムジンバスで羽田へ。成田空港13時55分発、羽田空港15時ちょうど着。前回慌てた分、今回は余裕、余裕。15時55分、秋田空港へ無事到着。予想通り、愛車が雪に埋まっていたが、高速利用(ETC300円)走行時間40分ほどで自宅に戻る。

| | コメント (0)

2010.01.09

ミュンヘン市内観光そして帰国の途へ

Dvc00064Dvc00065Dvc00067
 旅の最終日。ゆっくりとバイキングの朝食をとる。これまた美味しい。中央駅から東へ。カールス広場から、ノイハウザー通りを歩く。聖ミヒャエル教会は工事中。マリエン広場の新市庁舎とペーター教会を観光。ホテルに戻って休憩。12時チェックアウト。ちょうど中央駅にエアポートバスが止まっていたので、予定変更。バスで空港に向かうことにした。なんと、このバス、乗客は僕一人。つまり、貸し切り状態で空港まで行っちゃった。気分を良くしたものの、それは永くは続かなかった。飛行機に定刻に乗り込んだはいいが、乗り継ぎ客を待つやらなんやらで、離陸まで2時間以上待たされる…。

| | コメント (0)

2010.01.08

ブラチスラバからミュンヘンへ

Dvc00061_rDvc00062_r
 朝から生憎の雪。ブラスチラバ城へ登るつもりだったが、みぞれまじりでとても観光どころではない。9時1分発の列車でウィーンへ。11ユーロ。1時間ほどで南駅到着。ここから地下鉄で西駅に移動。(かなり距離があります。ああ面倒だ…。はやく中央駅への統一工事が完成すればいいのに…)
 11時45分発の列車に乗り、14時49分ザルツブルク着。ここで15時12分発の列車に乗り換え。ミュンヘン中央駅到着は17時40分。料金は行きより1ユーロ高い83.4ユーロ。駅の向かいにあるホテルLUDWIGにチェックイン。ネットで調べたときには書いてなかったが、無線LANが無料で使えるとわかりラッキー。今回の旅では、すべてのホテルで、部屋からネット接続できたことになる。こんなことは初めて。
 中央駅の売店で調達した、ミュンヘン名物「白ソーセージ」とチキン、ドイツビールにワインで夕食。美味しいっす。(^_^)v

| | コメント (0)

2010.01.07

ブダペスト&ブラチスラバ市内観光

Dvc00030_r_2Dvc00039_rDvc00043_r
 メルキュール・ホテルは、ブダペストの繁華街ヴァーツイ通りにある。ここから、有名なくさり橋まで、ドナウ川沿いを歩く。ブダ王宮、漁夫の砦、三位一体広場、マーチャーシュ教会などを訪れる。「ドナウの至宝」と呼ばれるに値する景観。雪のブダペストもまたいいものだ。王宮(ブダ地区)の対岸(ペスト地区)に立派な建物があったので思わずパシャリ。なんと!国会議事堂だって!
Dvc00048_rDvc00045_rDvc00051_r
 メトロで東駅。スロバキア行きの列車に乗る。13時28分発。16時20分ブラチスラヴァ(スロバキアの首都)に予定時刻より15分遅れで到着。4320フォント(約2700円)。歩いて市内観光。駅から南下すると、しばらくして大統領府。ミハエル門から、聖マルチン教会へ。あたりは夕暮れだったが、かえっていい写真が撮れました。今宵もまた4つ星ホテル。「DEVIE」に泊まる。予約無しの飛び込みだと、ネットで調べた値段より結構高い。値切って109ユーロ。でも、部屋に有線LAN(もちろん無料)があったのでラッキー。
Dvc00052_rDvc00054_rDvc00056_r


| | コメント (0)

2010.01.06

ウィーン市内観光

Dvc00016_rDvc00015_rDvc00017_r
 午前、ウィーン市内観光。王宮、ステファン寺院、オペラ座などを観光。秋田より寒いっす。
 午後、ウィーン西駅から、ブダペスト(ハンガリー)へ。36ユーロ。これで、訪問国40カ国達成。また、メルキュール・ホテル泊。チェーンホテルのようで、備品が同じだった。今回はネット予約&支払いして、9100円。ここでも部屋からインターネットが出来て快適。夕食は中華料理。


| | コメント (0)

2010.01.05

ウィーン到着

Dvc00021_rDvc00007_rDvc00019_r アテネ13時発ルフトハンザ航空でミュンヘンへ。14時40分着。Sバーン1でミュンヘン中央駅。所要45分。ウィーン行きチケット2等は82.4ユーロ。出発までの1時間を、ドイツビールを飲んで過ごす。17時23分発、ウィーン到着は21時40分。西駅から歩いてホテルを探す。1軒断られたが、2軒目はOK。メルキュールホテル泊。1泊素泊まりで、99ユーロだってさ。日本で予約しておけば8300円だったのに…。ま、しかたないか。4つ星の豪華ホテルで、文句なし。こうして無料で無線LANしてるしね。
 あ、そうそう、「今回はパソコンを持たないつもり」と書いたけど、やっぱり持って来ちゃった。さすがに、ケータイとアイフォンでは、写真のアップまでは面倒だもんね。レッツノートR4、なんとか使えています。
 ミュンヘン中央駅で買ったビールとサラミで晩酌。ちょっと飲み足りず、ホテルのバーで赤ワインを一杯。

| | コメント (0)

2010.01.04

アテネ観光最終日

Dvc00012_rDvc00021_r 中央市場を見学。肉類の多さに驚愕。鳥、羊、豚、牛何でもござれ。店の数が多いせいか、臭いも凄い。中央にある魚介類のお店群を取り囲むように軒を並べている。魚介類の種類もまた豊富。とても写真を撮れるような雰囲気ではなく、記録に残せないのが残念。
街の中心はシンタグマ広場。広場にヴァシリシス・ソフィア通りは、路上演奏者や、大道芸人がそこら中でパフォーマンスを繰り広げていた。
夕食は、レストランで。骨付きラムにパスタ、赤ワイン。美味しくて、ちょうど10ユーロ。

| | コメント (0)

2010.01.03

無線LAN普及

Dvc00006Dvc00010_r アマリリスホテルに2泊した。1泊3800円と安いが、部屋が狭くそれなりの値段。ダブルルームのシングルユースで予約したのに、与えられた部屋は狭いベッド。交渉して部屋を変えてもらったら、同じ広さで、ベッドが大きくなっただけだった(涙…)でも、8階から3階に移ったら、部屋から無線LANが使えたのはラッキー。
 今日は、カンディア・ホテルに移動。1泊5000円。こちらは、広くてかなり豪華。ロビーの無料PCは日本語表示ができず、残念。無線LANは1時間1ユーロで使えます。
夕食前にお腹がすいたので、午後3時頃、ホテル近くのミニマーケットでギリシャの地ビールmythosと鰯の缶詰、ハムを購入。軽く晩酌のつもりが、本格的に飲んでしまった。フランクフルト空港で買ったスコッチウイスキーも空になる。そのまま爆睡。

| | コメント (0)

2010.01.02

アクロポリス観光

Dvc00026_rDvc00037_rDvc00012_r アテネ市内観光初日。パルティノン神殿で有名なクロポリス周辺を観光。エレクティオン神殿、デイオエソスの劇場など見どころいっぱい。隣接する古代アゴラ周辺では、ローマ時代のアゴラ、へファイトスの神殿、などを堪能。

| | コメント (0)

2010.01.01

アテネ到着

Img_0015_rImg_0016_rImg_0018_r 成田発10時20分。ルフトハンザ航空にて、フランクフルト経由でギリシャの首都アテネに到着。成田を出てから15時間半もかかった計算。さすがに疲れたー。アテネとの時差は7時間。
 

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »