« タイヤ交換 | トップページ | 安いのね »

2008.03.21

生徒指導主事のお話(終了式)

 平成19年度の終了式。式が終わると、恒例の「生徒指導主事のお話」がある。今回は、4つ切り画用紙表裏にネタの紙を貼って登場。二つのTVコマーシャルをクイズにし、それを題材に話をする。一つ目は、「みんな 同じ 生きているから。一人に一つずつ 大切な○○○」と歌った。(ピアノ伴奏をつけてもらって)(*^_^*) 「大切な…、何ですか?」と問うと、子供達の大半が知っていて、おおきな声で答えてくれた。
 命の大切さを話し、春休みの事故防止を訴えた。
 もう一つは、ある犬の写真。「この犬、知ってますか?」と問うと、さらに大きな反応。「この犬が英語でしゃべる言葉を知っていますか?」と聞くと、たくさんの子供が答えを言ってくれた。
 「ボーイズ・ビ・アンビシャス。(少年よ大志を抱け)」要するに、子供達よ大きな目標をもとう、ということ、と都合良く言い換え、新学期に向けて目標をひとつ持つことを、私からの春休みの宿題とした。
 放課後、職員全員が校長と面談し、異動の人には内示される。夜、焼鳥屋さんにて、「平の会」開催。

|

« タイヤ交換 | トップページ | 安いのね »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイヤ交換 | トップページ | 安いのね »