« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.31

グラナダ~セビーリャ

 早朝、朝風呂に入る。バスタブがあるホテルはモロッコではお目にかかれなかったから、感激もひとしお。8時半アルハンブラ宮殿へ。ホテルのすぐ近くにあるとはいえ、かなり急な坂をえっちらと歩かねばならなかった。カルロス5世宮殿、王宮、アルカサバ、グラナダスの門など、みどころ満載。日本人ツアーの人々がかなり目についた。
 次は、アルバイシン地区へ。これまた更に急な坂を登らねばならない。サン・ニコラス教会からみたアルハンブラ宮殿は、なかなかのもの。この地区は、石畳や家屋など、地区の町並み自体に趣がある。
Ospain014
Ospain022


 【 アルハンブラ宮殿 王宮 】 
 【 アルバイシン地区からの眺望 】


 ホテルに戻り休憩。12時チェックアウト。カテドラル、王室礼拝堂周辺を見学。中ではちょうど、日曜礼拝の最中。言っている意味は分からなかったが、しばし厳かな雰囲気に浸ることができた。
 駅について切符を買おうとして、ユーロが足りないことに気づいた。幸い、クレジットカードでもOKだったので一安心。でも考えてみれば、今日は日曜日、明日は元旦なので祝日。銀行、その他の両替所はみな閉じたままである。うかつだった。
 駅の近くで両替できる所はないかと探したがだめ。でも周辺を探した続けた甲斐あって、4つ星ホテルのフロントで交渉したら、なんとか1万円だけ両替できましたとさ。
 16時半発の列車にて、セビーリャヘ。安宿のあるサンタクルス街まで歩く。大みそかのせいか、どこも満室。やっと空き部屋ありと言われたホテルは4つ星だった。今更後にはひけず、カード払い。初め120ユーロと言われたが、80ユーロにまけてくれた。これに7%の税が加算される。
 バルやレストランはどこも満杯。やっと入ったレストラン・バルで牛肉ステーキ。ビールと赤ワインそれぞれ2杯を堪能。部屋に戻り、大きなバスタブにつかり、豪勢な年越しを過ごす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.30

スペイン入国まで

朝8時発のフェリー・チケットを購入。乗り場へ。出国手続きは簡単なはずが散々なことに。パスポートと出国カードを提出したら、下へいけと言われ。並んでいると上へ行けと言われる。どこへ行けばいいのか教えてくれと頼んでも、さっきと同じ場所を言われる。まったくモロッコ人はいい加減である。やっと場所が分かって手続きをすませ、フェリー乗船。船は広くて快適。
Moro039
 【 フェリーにて 】

  11時(スペイン時間12時)アルヘシラス到着。フェリー会社でユーロに両替。率悪い。タクシーで駅へ。待ち時間に周辺を散策。昼間からバー(バル)でビールを飲んでいる人多数。いい国へきたもんだ。
15時35分発グラナダ行き列車に乗る。到着予定時刻もちゃんと掲示されており、安心。やはり先進国は違うのう。予定どおり20時着。タクシーでヌエバ広場へ。最初に目についたホテルMACIAにチェックイン。
52ユーロ。部屋の電話でインターネットに一発で接続成功。(やはり、ドバイでも設定に間違いはなかった。)バルでビールを2杯。一杯ごとに、ポテトやソーセージ、パンなどが小皿に盛られて出て来る。これだけで十分夕食になる。地元の人は、何軒もハシゴして楽しむのが習慣とのこと。納得である。
Ospain024

【 バル 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.29

どうなってるの???

早朝、快適な目覚め。空が明るくなるのを待って、タンジェ行き列車の時刻を調べに出かける。9時と13時の二つがあったが、とりあえず切符だけ買っておこうと窓口へ。奮発して1等を買ったら、9時の列車の座席指定だった。まあ、いいか。こいうのが、行き当たりばったりの旅の面白いところだ。
ちなみに、フェズとメクネスは、日本で言えば京都、奈良にあたるらしい。街そのものが世界遺産だ。でも、見所といえば、どちらもメディナ(旧市街)のスーク(商店かな?)以外は大したことはない。マラケシュと変わらないのなら、早くスペインに行くのもよい。
Moro026


【 フェズ駅前の風景 】

 1等の車内で快適な旅をしていた3時間後、ふと停車した駅を見ると、saleという文字が見えた。あれっ?
不安に襲われるボク…。次の駅で見た文字はRABAT。
 完全に別方向にいることが分かった。慌てて降りるボク。おかしい??。フェズの駅でちゃんと乗る前に駅員に確かめたのに。乗ったあと、車内で切符の検札を受けたのに。どうなってるんだ????
 幸い、15分後にタンジェ行き列車が来る模様。でも、しばらく待って来たのはフェズ行き。運転士さんは、初め次の列車を待てと言ったが、後になってすぐこれに乗れと言う(フランス語だから分からないが、ジェスチャーでそう判断)。これまた訳の分からないまま動き出した列車に飛び乗る。するとまあ、デッキに入り切れないほどの鮨詰め状態のまま1時間ほど。でも、若いモロッコ女性と密着する機会もそんなにないだろうから、いい経験かも?
 シディ・カセムまで戻って乗り換え。1等に乗り直し。今度は1室6席を独り占め。途中から、やたら陽気なおじさんが乗り込んで来た。話し好きらしく、いろいろ話しかけてくるのだが、アラビア語もフランス語も、こちらは理解できない。向こうも英語は少ししかわからないため、身振りも交えてやっと通じるといった具合。でも、このおじさん(ムスタファさん)教え好きらしく、アラビア語でいさおと書いてくれたほか、アラビア語講座までしてくれました。ちっとも分からなかったけど。
 結局、列車は大幅に遅れ、タンジェ到着は7時半。予定より5時間もかかっちゃいました。タクシーでホテルへ。安いけど清潔で設備のいいホテル。荷物をおいてすぐにバー。ビール2本30Dh。夕食はフランスパンのみ。

Moro034


【 タンジェの安宿 】


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.28

フェズへ移動

7時半チェックアウト。フェズに移動するため、歩いてバスターミナルへ。8時到着。集合場所で待っていると、おじさんがやってきて、今日はバスは来ないから払い戻せと言う。騙されるもんかと無視したが、その後、窓口の人もそう言ったので、払い戻す。夜行バスに乗れと言われたが、断って鉄道駅へ。運よく、9時発フェズ行きの列車にすぐ乗れた。180Dh。午後6時到着。長い間座って、お尻が痛くなっちゃった。目星をつけていた駅前のホテルは満室。今回の旅で初めて断られたのと、外を考えていなかったのでショック。でも、すぐそばにホテルを見つける。ホテル・ペルラ。ツインしか空いてなかったので少々割高(388Dh)だが、今までで一番のきれいさ新しさ快適さ。熱いお湯とエアコンが何よりも嬉しい。シャワーのあと、駅前ホテルのバーにて、初めてのモロッコ地ビールを堪能。カサブランカとフラッグの2種類を味わう。それから、スーパーでジュースとポテチ、ソーセージを買い、夕食にする。ウオッカの生ジュース割りはかなりいける。
部屋の電話は、モジュラージャックなので、かなり期待したが、通話はフロントのみ。ネット接続未だかなわず。
Moro025

【 モロッコ地ビール「フラッグ」 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.27

マラケシュを楽しむ

最後までお湯は出なかった。9時半、チェックアウト。長距離バスのターミナルへ行き、明日のフェズ行きバスのチケットを買う。150Dh。メディナの細い道を、安宿街めざして歩く。セントラルパレス1泊100Dh。トイレとシャワーは共同だが、ちゃんとお湯が出る。昼食はケフタ(羊のひき肉)サンドイッチにオレンジジュース20Dh。
午後、歴史地区を観光、クトゥビア、アグノウ門など。バイア宮殿は休憩中で中に入れず。宮殿を囲む門の上にコウノトリがたくさん巣を作っていた。いろいろ捜し回ったあげく、ついに日本語表示のできるネットカフェを発見。残念ながら日本語入力はできないものの、メールチェックやニュースの閲覧ができるのはありがたかった。
フナ広場北のスークは世界最大という。物の豊富さ、文化の多様さに圧倒されるばかり。広場には大道芸人がいて、民俗芸能や猿回しなどのパフォーマンスを繰り広げていた。夕方になると屋台が組み立てられ、比較的安く食事ができる。串焼きのケフタはうまかった。モロッコではお酒の飲める場所が限られているため、通常のレストラン、ましてや屋台ではビールが飲めないのが、何とも残念である。広場のパフォーマンスは、夜は音楽が中心になる模様。あちこちに人の輪ができる。写真を撮ったら、かなり強行にチップを要求されたが、拒否。(後で知ったが、こういう場合モロッコでは、どこでもチップを要求されるそう)
ネットカフェに再び行き、日本語の入力ができるパソコンを見つける。やっとブログ更新ができたが、キーボードがアラビア仕様のため苦労する。コメントに投稿しようとしたが「@」の入力方法がどうしてもわからず、投稿できなかった。
Moro011
Moro009
Moro019
Moro024

写真左から 【 アグノウ門 】 【 煮込み料理 】 【 ケフタ 】 【 フナ広場の大道芸 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.26

モロッコ入国

タクシーで空港。15Dh。免税店でウオッカの小瓶を買う。15Dh。8時ドバイを離陸。午後1時モロッコのカサブランカ着。38000円を両替。(2687Dh)1Dh=約14円。列車で市内へ。カサ・ヴォワジャー駅で乗り換え、マラケシュへ。同席の人々の騒がしさに閉口。ノイズ・キャンセリング・イヤホンでどうにか防ぐ。
7時マラケシュ到着。新市街のホテルを探す。オテル・アマライ342Dh。エアコンがついていて暖かいのはいいが、お湯が出ないので涙。部屋の電話はダイヤル式で、モジュラージャックの存在どころか、どこに線があるのかも確認できず。当然ザウルスでの通信は無理。ネットカフェも、またもや日本語表示できず。モロッコ中そうなのかも…と不安になる。夕食はチキン丸焼き42Dh。
Moro002
Dobai05

写真左 【 カサ・ヴォワジャー駅 】
写真右 【 エミレーツ航空機内食 】 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

ドバイは物価が高いのう

現地時間6時(日本時間11時)ドバイ到着。15000円を両替する(436Dh)。1Dh=約35円。空港から市内は近いというので歩く。道すがら、紫の葉に紫の花、星形の花など珍しい植物がたくさん。
機械部品の店がやたら目につく。石油発掘の道具かいな? 正確な地図をもっていないため、何度か迷ってくったくた。2つ星ホテルを見つけチェックイン。エクセレントホテル 300Dh。やはり高いが、まずまず快適。すぐ近くにインターネットカフェがあったが、日本語の読み書きは全くできなかった。次に、ホテルの部屋からモデムでの接続にトライ。何度やっても、認証ではじかれてしまう。こういう状態、以前にも経験はあるが、原因は不明だ。ホテル近くのバーでビール(ハイネケン)ビール2杯で26Dh。夕食はカバブ20Dh。羊がおいしい。Dobai01_1

【 水たばこのパイプ 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

出発

 12:42 普通列車で羽後本荘から秋田へ 13:26着。14:35 秋田駅からリムジンバスで秋田空港へ 15:15着 空港ラウンジでくつろぐ。16:15 NH1840便で中部国際空港へ 17:50着。
 中部国際空港での待ち時間は5時間。時間潰しにはお風呂が一番と、4階展望風呂でくつろぐ。名古屋名物味噌カツで生ビールを2杯。出国手続き後、12番ゲート横の無料インターネットを利用。
 23:00中部国際空港発 EX0315便(エミレーツ航空)でドバイへ。予定どおり飛行機は離陸。機内で過ごす時間は12時間。やたらに長いが、ちょうど寝る時間なので、結構あっという間。エミレーツ航空はサービスがいいし、食事もおいしい。Dobai00_1

【 名古屋名物味噌カツ 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

ザウルスでココログ更新

 今回の海外旅行中は、ザウルスでココログを更新する機会が多くなると予想される。インターネット・カフェなどでは、日本語の読み書きができないことも十分考えられるからだ。で、こうやって、自宅無線LANでネットにつないで、ココログ更新の練習をしたというわけでございました。(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.22

忘年会

 今日は、学校関係の忘年会の日。多分、ほとんどの学校は、本日忘年会をやっていると思う。考えてみれば、大学を卒業してから、昨年までは、毎年、忘年会に参加してきたわけだ。学校の忘年会というのは、一種独特なしきたりや構成があって、なかなか面白い。昔は、学年部ごとに隠し芸などもやっていた。学期末の忙しい時期に、よくもまあ放課後遅くまで練習したりしたものだなあと思う。最近は忙しい上に気力も萎えたのか、学年部対抗ゲームですませることが多くなってきている。でもまたこれも、結構楽しい。で、今年は…。初めて、忘年会のない年の瀬を過ごすことになった。 (-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

海外対応携帯レンタル

由利本荘市水林のドコモショップに海外対応のレンタル携帯を受け取りにいく。実は、これ、空港で受け取り、空港で返却することもできる。なぜわざわざショップでの受け取りを選択したのか? これには訳がある。それは、付属品がかさばるからである。小さめのポーチに、卓上ホルダーとACアダプター、万能コンセント、予備のバッテリーなどが入っている(至れり尽くせり)。でも、私の場合は、万能コンセント「サスコム」を始め、FOMA用USB充電ケーブルと、モバイル・クルーザーをもっているから、それらは必要ないのである。荷物はできるだけ少ない方がいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

ブログ写真の効果

 友人からブログ再開の連絡を受け、早速訪問。ほのぼのとした気持ちになった。そして、写真を載せるよさを再認識した。いさちゃんの写真の腕は、全く大したことはないが、来週から、出来る限り写真情報を載せていくつもりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.19

しっかりしてくれ

 その代わりに、メールマガジンや、企業からのお知らせメールまで、迷惑メールフォルダーに振り分けられるようになってしまったのだった。えーん (^_^;)
 メッセージをチェックして、セーフリストに登録する作業を行うという手間が、新たにかかるようになった。おまけに、このフィルター、一度登録したものを2度目も3度目も迷惑メールフォルダーに振り分けるという学習能力のなさである。セーフリストに登録し、アドレスブックにまで登録してるのにだよ…。
 しっかりしてくれよなあ、ニフティさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.18

迷惑メール設定変更

 ニフティの迷惑メール・フィルタはあまりよくない、と以前書いた。多いときで日に4~5通もフィルタをかいくぐって迷惑メールが届く。これをG-mailに転送すれば、一通も届くことはなくなった。でも、G-mailは、ポートなどの設定がちょっと複雑で、パソコンのメールソフト以外で受信するのは困難である。早い話が、ザウルスのメーラーでは受信できないのだ。間もなく行く海外で受信できないのは困る。そこで、ニフティの迷惑メール設定をいじってみることにした。以下の設定をしたのである。
①「スパムメール・ブロック」で受信拒否に設定したアドレスを全部削除。
②「迷惑メール・フォルダー」の学習型フィルタを有効にする。
 実は、②は以前から、ずっと行っていたことだ。①と併用した結果、くぐり抜けてくるメールが少なくなかった、というわけである。つまり今回は、①のみを止めたのだ。その結果、驚いたことに受信箱にとどく迷惑メールがほぼゼロになった。 しかし…。 (続く…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.17

行けるときは行こう

フィットネスジムの登録更新に出かける。1年間で3150円という価格は格安である。が、しかし…。登録初年度は結局2度しか利用しなかった。今年は、気を新たに、(頑張りたくはないので)行ける時は行こうっと。 (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

過信…

前夜の痛飲がたたり、一日を棒に振る。ワンショット・バーで、カクテルやら大吟醸やら響やら、おいしいお酒を飲み、それから、二軒ほど(ちょこっと)ハシゴしただけなのだが…。自分の体を過信してはいけないと反省しきり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

ウエブ2.0がもたらす社会

 THE21 12月号 田坂広志氏の3号読み切り連載から、ウエブ2.0がもたらす、3つの社会について紹介する。
  ①ボランタリー社会 ②デモクラシー社会 ③シンパシー社会
 すなわち、①金銭的報酬目的ではなく自発的な意志で社会やコミュニティのために働くようになる。②政治を代議士に、行政を自治体に、商品開発を企業に任せるのではなく、ウエブを使って自ら政策を語り行政を論じ商品を評すると同時に、仲間と共にこれらの活動に取り組む人々が増える。③写真、映像、音響、音声などの伝達が容易になり、知識の共有だけでなく、人々の心が互いに深く共感し合う社会を生み出す。
 これらの変化は、もうすでに現れてきていると私は感じているが、みなさんはどうだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.14

アタッシェケース

 ここ数年、欠かすことなく毎週購入しているPC雑誌が、週刊アスキーである。お気に入りコーナーのひとつに、「無料ソフトの殿堂」がある。今週に紹介されたのは、「アタッシェケース」。パスワードでファイルを暗号化して、しっかりガードしてくれるソフトである。昨年度、矢島小学校で、このソフトを使って重要ファイルを守る講習会を開催したことがあったのを思い出した。みなさんにもぜひ導入をお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.13

あせったよ

 銀行のATMで入金したら、入金額が通帳に記載されていないのであせった。2度3度記帳を試みたが同じ。備え付けの電話で連絡したところ、入金の事実は確認されてほっとする。通帳に反映させるには、窓口に行ってほしいという。実は、このATM機、ちょっと前に記帳したときも、1ページ飛ばして記帳するというミスをしている。気分を変えるため、窓口では、新しい通帳を作ってもらっちゃった。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

早く発売してくれないかなあ

ノキアのスマートフォン「E61」日本語版が年内に発売されるという。キーボード付きの海外対応ケータイで、SIMロックフリーの端末だ。つまり、私が現在使っているFOMAのカードを挿せば、日本でも海外でもそのまま使える端末なのだ。購入を検討している携帯端末の中では、一番自分の使い方に合っていると思う。でも、多分、私の出発には発売が間に合わないだろうなあ。というわけで、今回はドコモショップでレンタルすることにした。レンタル料は、1日税込み105円であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.11

承認書届く

 ボーナスの明細書と共に市教委からの海外旅行承認書が届く。出発の日が近づいてきて、だんだんと実感が湧いてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.10

暴かれた9・11疑惑の真相

 ベンジャミン・フルフォード著 『暴かれた9・11疑惑の真相』(扶桑社)をイッキ読み。アメリカやヨーロッパでは、各界の専門家やジャーナリストたちが、この事件についての具体的な矛盾や疑問点を明らかにしており、インターネットを上で大きな話題となっているという。翻って、日本はどうか? この動きはほとんど知られていないし、マスコミも全くといっていいほど取り上げない。もはや、大手メディアから真の情報を得ることは期待できないのだろうなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

旅の極意、人生の極意

大前研一著 『旅の極意、人生の極意』(講談社)を読む。本書に紹介されている15の旅は、氏が訪れた多くの国の中でも、とりわけ深く心に刻まれたものばかりであるという。「旅の達人は、このようにして旅を満喫するんだな、いいなあ、私も、将来は、こんな旅をしてみたいなあ」と思わせてくれる本である。(私の貧乏旅行のスタイルとは、まるで正反対の旅で、苦笑い…)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.08

贅沢と言えば寿司

 今日はボーナスの日。全額銀行振り込みなので、もらう醍醐味は薄い。通帳に記帳して初めて実感がわく、という感じである。「ボーナスの日ぐらいは贅沢をしよう」ということで向かった先は、お寿司屋さん。私の世代は、贅沢と言えば寿司なのだ。特上握りにお刺身盛り合わせ、日本酒を少々。ああ、日本人に生まれてよかった。(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.07

迷惑メール対策はGmailに限る

 みなさんは、迷惑メール対策をどのようにしているだろうか? 私はメーラー(メールソフト)で受け取る迷惑メールは、ほぼゼロになった。グーグルのGmailのおかげである。私は現在、ニフティメールもヤフーメールも、すべてGmailに転送し、それをメーラーで受信するという方法をとっている。ニフティにも迷惑メールのフィルタがあり、まずまずの精度で受信しないようにしてくれるのだが、日によって3~4通も受信してしまう。でもGmailはこれらを絶対に通さないのだ。たーいへんに優秀なフィルタである。迷惑メール対策は、Gmailに限ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.06

長いぞ!

 またもや、ココログはメンテナンスに入った。なんと!53時間だと!! こんなに長い期間ブログが更新できないということを、アクセスできなくなって初めて知った。事前に予告されていたのは明らかだから、計画性のない私が悪いと言われればそれまでだが、それにしも、53時間は長い。明日の午後3時以降に、ちゃんと使えるようになるんだろうなあ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.05

すっきりしない

今月の作業研修週間が終わった。あと一歩で土器が一回りつながりそうなところまでいったのだが…。何だかすっきりしない終わり方で、残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

あっという間に時間が

 土器接合作業中は、時間があっという間に過ぎていく感じがする。立体なので、ジグソーパズルよりも、はるかに難しい。それだけに、ぴったり合ったときの喜びはひとしおである。最初は、どんどん進むのだが、途中で、はたと進まなくなる。合いそうな欠片を、色だけで探していてはいつまでも見つからない。実際に合わせてみてみないと分からないというところが面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.03

道理で…

 寒いので、部屋に閉じこもり。エアコンが効かないので、フィルターを点検したら、もの凄いほこりだった。道理で暖かくならないわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

ディパックひとつ

宅配便で、航空券が届く。今回は、移動の多い旅なので、ディパックひとつに荷物を厳選中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

久しぶりに

矢島小ゆかりのメンバー6名が集まり、焼き肉屋で一献。教育や学校の話をするのは久しぶり。何だか懐かしい気持ちになる。やはり「自分は教師なのだなあと思う。(25年もやってるからなあ…)。2次会はカラオケ。「うし」ちゃんとの『ここにしか咲かない花』のデュエットも、久々の復活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »