« 参考文献調べ | トップページ | 本をたくさん読むコツ »

2006.11.01

あやつられた龍馬

 加治将一『あやつられた龍馬  -明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン-』(祥伝社)を読んだ。幕末の英雄坂本龍馬は、私の尊敬する人物の一人である。だが、一介の下級武士に過ぎない彼が、何故あれだけのことをやってのけることができたのか、という点は大きな疑問であった。みんなもそうだよね。(*^_^*) 
 この本を読めばナットク間違いなしです。

| |

« 参考文献調べ | トップページ | 本をたくさん読むコツ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 参考文献調べ | トップページ | 本をたくさん読むコツ »