« 研究紀要 | トップページ | 健康っていいなあ »

2006.02.25

国語教育セミナー

 「21世紀の国語教育セミナー」に参加。法則化関連の講座に参加するのは久しぶり。江部満氏@明治図書の『20世紀の国語教育の総括と21世紀の国語教育への提言』では、これからの国語科指導案には技術目標だけでなく、価値目標が書かれるべきだという主張があった。大森修氏の『21世紀の国語教育の基礎基本とはなにか』では、フィンランドの教科書の紹介に興味を持った。横山浩之氏の『医師の立場から提案する21世紀の国語教育とは』では認知心理学3つの段階から授業を考えるという、我々と違う立場からの分析に大きな関心を抱いた。(この3つの段階を意識して組み立てた授業を、氏は今までみたことがないと言っておられた。)
 秋田温泉プラザで開かれた懇親会にも参加。主催者である法則化千秋のメンバーとは初顔合わせだが、懐かしい顔ぶれとも話がはずんだ。横山ドクターと話せたのが大きな収穫。TOSSを離れたことで、石川真悦氏に迷惑をかけていたことを知り、申し訳なく思う。今後はまた何らかの形で学びあっていきたい。部屋で二次会。教育談義に花を咲かす。法則化合宿がさかんだった頃のブレストを思い出した。

|

« 研究紀要 | トップページ | 健康っていいなあ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 研究紀要 | トップページ | 健康っていいなあ »