« ビデオ編集でトラブル | トップページ | 仕事始め »

2006.01.09

教員のIT指導力評価基準策定へ

 読売新聞に「文部科学省は2006年度、教員のIT(情報技術)指導力を評価する基準を策定する。」という記事が載った。重要なのは、次の箇所だ。
 「基準に沿って判定したIT指導力を処遇にも反映し、優れた教員はIT指導教員として学校現場に配置するよう各自治体に要請する。」
 「処遇に反映」ということは、否応なく教員全員に必須の技能とされると解釈できる。「俺は使わないよ」という我が儘は許されないということだ。学ばない教員は排除される。
 後半部分は教育情報化コーディネータ等の配置を、より強く求めるということ。IT指導教員を各学校ごとに配置するのは、予算の面でも人材の面でも無理だから、県単位あるいは市単位での配置となろう。一部の教師ではなく、教員全員のIT研修をどういうシステムで行うかという問題が今後の最大課題となる。これは、教育情報化コーディネータの活躍以外に解決できる問題ではないと私は考えている。
 わが県が、文部科学省の指導を受けて、すぐに動いてくれることを望む。
 他県でも、他国でも、「教育の情報化」実現のためなら、どこにでも行く覚悟がある!

|

« ビデオ編集でトラブル | トップページ | 仕事始め »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビデオ編集でトラブル | トップページ | 仕事始め »