« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

公平を期して

新年度からのパソコン更新に向けた予算要望の時期になった。関係筋から、最初の見積もりより減額した見積もりを提出するように指示があったという。そのためには何を優先させ、何を削るのかを業者と相談しながら、つめていく必要がある。公平を期すために、見積もりを出してもらう業者すべてと相談することになった。更新実現のため、頑張るぞー!!   (*^_^*)

| | コメント (0)

2006.01.30

画面が真っ黒け

 出勤してすぐ、「先生、パソコンが動かない!」と、子どもが訴えてきた。PC室に直行して調べてみると、なるほど、画面が真っ黒である。「ははん、またモニタのスイッチだけ切ったな」と思い、点検したら、それは異状なし。結局、生徒用PC20台と、教師用PC1台がすべて同じ状態ということが分かった。要するに、画面転送できるパソコンに異常があるということだ。すぐに業者さん連絡し、来てもらう。すぐに原因は判明。画面転送装置の電源スイッチが落ちていた…。(とほほ…) ちょうど床近くの足下に、スイッチがあるので、何かの拍子にスイッチが押されたのかもしれない。単純な原因で、ほっと胸をなでおろした。

| | コメント (0)

2006.01.29

『重税国家 日本の奈落』

 副島隆彦『重税国家 日本の奈落』(祥伝社)を読む。2005年8月発売の本だが、もっと早く読んでいればと悔やまれる。氏の著書を読むと、世の中で起こっている出来事の本当の意味を知ることができる。例えば、郵政民営化の本当の意味を多くの国民が知れば、与党の歴史的圧勝はあり得なかっただろう。この本には、「アメリカ言いなりの官僚統制によってよって衰退する日本国の残酷な明日!」(表紙扉頁より)が、書かれている。多くの人に一読を勧めたい。

| | コメント (0)

2006.01.28

いかんのう…

 遅い目覚め。前夜床に脱ぎ散らかした服を片付けていたら、愛用の手袋の片方がないことに気づく。先週ケータイ騒動を起こしたばかりなのに、今週は手袋騒動を起こしてしもうた…。乗ってきた車や、行ったお店に電話したが、ないとのこと。いかんのう…。お酒には注意せねば  (^^;)

| | コメント (0)

2006.01.27

人権教育学習会

 今年度2回目の人権教育学習会。ビデオ「しんちゃんが泣いた」の上映と、講話。いいビデオだった。放課後、ちょっと遅めの新年会。

| | コメント (0)

2006.01.26

モバイル機器の充電

 ダイヤテックのモバイル・クルーザーは秀逸だ。USB充電コードがあれば、これ一つで何台ものモバイル機器のACアダプタに早変わりする。FOMA、iPod の充電は、すでにこれに切り替えた。さらに今回、ダイヤテックのPCORDというコードを新たに購入した。このコードをモバイルクルーザーに差し込めば、東芝ジェニオ(PDA)も、東芝ギガショット(デジタル・ビデオカメラ)も充電できる。持ってはいないないが、ザウルスの充電までできる。はあはあ。
 「モバイル機器の数だけ電源アダプタが必要」という現在の一般的状況は、不可思議である。荷物は少ないほどよい。メーカーさんも自社の純正品ばかり推奨せず、ユーザーの身になった商品を付属させてほしいものだ。

| | コメント (0)

2006.01.25

プレゼン大会実施

 今年度2回目の校内プレゼン大会。今回は5分という制限時間を厳守してもらうように予告しておいた。短い時間に納めるには、何を削り、何を強調すべきなのか、真剣に考えてもらいたいからだ。この作業を通して、初めて本質が見えてくる。時間を意識しない人の仕事を、私は評価しない。
 今回は、昨年度から数えると通算4回目ということで、かなり安心してみていられた。スライド画面はわかりやすく、主張点も明確だった。写真やビデオを多く使った、技術面の進歩も目立った。質疑応答も活発になされ、充実した研修会となった。

| | コメント (0)

2006.01.24

算数少人数学習

 算数の少人数学習が、5年と6年で始まった。5年は等質の3集団、6年は習熟度コース別の3集団での授業。6年「比」の学習では、「じっくりコース」(教科書問題を中心に基礎をしっかり身につけさせる授業過程)を担当。スモール・ステップで練習問題を解くことに主眼をおいたところ、どんどん効果が上がるのに自分でもびっくりした。早くできた子供数名に「比の利用」問題を与えたところ、簡単に解いてしまった。気がつけば、なんと、じっくりコースの授業が一番早く進んでいる。授業の大半は教師の力量で決まるのだということを、改めて思った。(今回は、子供の実態に合った授業ができたようだ、ということで、けっして自慢しているのではありません。)   (^^;)

| | コメント (0)

2006.01.23

ケータイ不明騒動

土曜日の代休。平日の休日を楽しもうと思っていたが、ケータイがないことに気づく。土曜日から忘れたままの模様。心当たりに電話したが、つかまらない。一応、警察に連絡し、届ける。午後になってやっと、連絡が取れる。すったもんだしましたが、結局、飲み屋さんの床にありました。ふう。反省。反省。

| | コメント (0)

2006.01.22

ビデオ編集に挑戦

 東芝のHDDレコーダーと東芝DVDカメラ「ギガショット」の接続を試してみる。さすが、同じメーカー。LANで簡単に接続できた。こうなると、ビデオ編集にも挑まねばならぬ。ということで、パソコン付属の編集ソフトを試してみたが、使い勝手はいまいち。というか、使い方がよくわからなくて途中で挫折。うーむー。 (-_-)

| | コメント (0)

2006.01.21

スキー教室

 第1回目のスキー教室。2・3・6年生対象。スキー指導ではなく、荷物の運搬やスキーレンタル、その他の業務を担当。(思えば、スキーを全くやらなくなって丸5年になる。) 仕事は、分刻みのスケジュールで結構タイヘン。本来は休みの日、ということもあるのか、どっと疲れる。

| | コメント (0)

2006.01.20

電子辞書で青空文庫

 カシオ・エクスワードの説明書をパラパラめくっていたところ、「青空文庫」という文字が目に入った。なんと、この電子辞書、電卓もテキストリーダーもついている。パソコンと接続して、本体メモリにデータを読み込むこともできるし、SDカードに保存したテキストデータを読むこともできるのだ。えらいっ!! 
 まずは、パソコン上で、Ex-wordテキストローダーというソフトをカシオのホームページからダウンロードする。次に、青空文庫のデータをダウンロードして解凍。テキストローダーの画面にファイルをドラッグ&ドロップ。それから、付属のUSBケーブルで、パソコンとつなぐ。たったこれだけの簡単操作で、電子辞書が文庫本にヘンシーンと、きたもんだ! これは、旅には欠かせませんなあ。電子辞書は電池のもちがPDAとは比較になりません(120時間だそうです)もの。

| | コメント (0)

2006.01.19

算数授業改善の視点

 研修だよりを2号執筆。来週にせまった第2回校内プレゼン大会(第30号)と、算数授業改善の視点について(第31号)。後者は、「教育ゆりほんじょう」という市の教育委員会発行のお便りに載っていたものを紹介した。示された5つのポイントすべてが、納得、共感できるものだった。本市の算数・数学部の推進班は大変優秀だと感心した。ぜひ、本校の先生方に紹介し、実践を進めていきたい。

| | コメント (0)

2006.01.18

モバイル周辺機器届く

 通販で購入したモバイル小物が届いた。CF無線LANカード(プラネックス)&CF有線LANカード(メルコ)&Genio用USBホストケーブル(東芝)。これらを何に使うか? モバイルマニアの人ならば、すぐに分かる。そう。PDAでモバイル通信をするための周辺機器がこれらだ。モバイル大好きイサちゃんは、話題のW-ZERO3購入を検討していたが、人気沸騰で手に入らないのと、維持費の高さで購入を見送ることにしたのだ。で、今持っているGenioの周辺機器を充実させることにした。CF(コンパクトフラッシュ)のモデムは、数年前に購入済み。これで、Genioを使って、公衆電話でも、FOMA携帯でも、有線LANでも、無線LANでも、インターネットやメールができるようになった。ここまで揃うと、あとは折りたたみのキーボードが欲しくなる。でもそれじゃあ、ノートパソコンと同じだっちゅうの (^^;)

| | コメント (0)

2006.01.17

学校ホームページ

 勤務校のホームページを更新。研究主任として私が書いている「研修だより」と、情報委員会の子どもの手による「矢小タイムズ」の新作をアップした。「研修だより」は、このページのリンクからも閲覧できる。
 学校のホームページにブログを活用している学校が増えてきているという。本校は、契約容量が足りないので、大きなコンテンツは追加できない状態にある。ブログの活用を真剣に考える時期にきていると思う。

| | コメント (0)

2006.01.16

ココログに完全移行

 2006年最初の登校日。つまり、冬休み明け初日が今日。休み中の事故もなく、元気に登校してきた子供たち。1年生などは、顔つきもぐんと成長して見えた。2006年になったので、「勲ちゃんのデジタル情報室」もココログに完全移行することにした。 って言うか、トップページをココログページに変えただけなんだけれども…。
 デザインも変更し、ぐっと渋くなったと評判。(!?) コンテンツも、これを機に一部削除したり、更新したりした。どう変わったか興味ある人は、チェックしてみてね。

| | コメント (0)

2006.01.15

成都&ラサ写真アップ

 午前中、ココログを5日分書く。このごろ、まとめて書くことが多くなってしまう。いかん、いかん。
 話は変わるが、成都&ラサ写真をアップしたので見てね。

| | コメント (0)

2006.01.14

電子辞書

 カシオの電子辞書「XD-LP8000」を買った。電子辞書は以前から欲しい欲しいと思っていたのだが、パソコンの辞書ソフトで間に合わせてきた。ようやく購入の決心がついたのは、7カ国語の会話辞書がついていたからである。しかも、音声付きである。そう、海外旅行の際に大きな力を発揮してくれると思ったのである。一人歩きの海外旅行では、言葉が通じないとタイヘンだ。「英語さえ話せれば、ダイジョウブ」と思っていたのだが、今までに2度ほど、そうではない経験をした。1度目はペルーとメキシコ。スペイン語が話せないと旅行ができない。国際線の飛行機でスチュワーデスに英語が通じないとは思わなかった、2度目は、今回のチベット。みな私を中国人と思いこみ、ぺらぺらの中国語で話しかけてきた。英語はホテル以外では通じなかった。
 この電子辞書があれば、世界中どこに行ってもダイジョウブ、かな?

| | コメント (0)

2006.01.13

自作視聴覚教材交流会

 本荘由利広域行政センターにて、平成17年度自作視聴覚教材交流会。市町村合併に伴う、事業主催団体の変化のため、一応今年度で最後の事業となる。午前中は、過去の秀作を鑑賞。今から見れば機器の発達していなかった時代に、様々な工夫をして作品を作っている努力に頭の下がる思い。午後、発表会。パソコン教材が3、ビデオ教材が2。一般の参加者が少なかったのは残念。教材作りは、けっしてハードルの高いものではないということを知ってもらいたいと思う。夜、この事業に長年携わってきたメンバーでの懇親会。会場の八千代は、鳥海サークル立ち上げの場でもあった。大変に盛り上がって、二次会へ。午前様。(^_^;)

| | コメント (0)

2006.01.12

TV会議システム説明会

 午後、東由利総合支所にてTV会議システム説明会に出席。由利本荘市地域イントラネット基盤施設整備事業として、この3月10日に整備が完成する予定。いろんな制約のため、初年度は職員室1台、PC室1台のみの整備となる。富士通製の学校版グループウエアも同時に導入される。何はともあれ、由利本荘市32校すべてがネットで結ばれることの意味は大きい。

| | コメント (0)

2006.01.11

研修会議&ビデオ編集

 午前。研修会議。冬休み中に見直し作業をした、人権教育年間指導計画、国語重点単元指導計画、道徳重点単元指導計画の検討。人権教育について、何を指導するかがほぼ固まった。午後。自作教材ビデオ編集作業のため、平沢小へ。アドビプレミアを使って編集。(ほとんどパウエル豊氏がやったけど…)けっこういい仕上がり。

| | コメント (0)

2006.01.10

仕事始め

 出勤。たまっていた仕事を片付ける。昨年度末、某所より寄贈されたPCにソフトをインストールする作業も平行して行う。たっぷりオフをとったから、気力は充実。気を新たにがんばろう。

| | コメント (0)

2006.01.09

教員のIT指導力評価基準策定へ

 読売新聞に「文部科学省は2006年度、教員のIT(情報技術)指導力を評価する基準を策定する。」という記事が載った。重要なのは、次の箇所だ。
 「基準に沿って判定したIT指導力を処遇にも反映し、優れた教員はIT指導教員として学校現場に配置するよう各自治体に要請する。」
 「処遇に反映」ということは、否応なく教員全員に必須の技能とされると解釈できる。「俺は使わないよ」という我が儘は許されないということだ。学ばない教員は排除される。
 後半部分は教育情報化コーディネータ等の配置を、より強く求めるということ。IT指導教員を各学校ごとに配置するのは、予算の面でも人材の面でも無理だから、県単位あるいは市単位での配置となろう。一部の教師ではなく、教員全員のIT研修をどういうシステムで行うかという問題が今後の最大課題となる。これは、教育情報化コーディネータの活躍以外に解決できる問題ではないと私は考えている。
 わが県が、文部科学省の指導を受けて、すぐに動いてくれることを望む。
 他県でも、他国でも、「教育の情報化」実現のためなら、どこにでも行く覚悟がある!

| | コメント (0)

2006.01.08

ビデオ編集でトラブル

 午後、佐々木豊氏来宅。13日(金)の自作視聴覚教材発表会の教材づくり。チベットで撮りためてきたビデオの編集作業。MPEG2形式で保存したファイルを豊氏のバイオに取り込んだところ、音声が消えるトラブル発生。そこで、一度DVD-Videoに書き換えることに。ディスクの不調で2枚だめにしてしまった。夜、久々に寿司。和食はいいなあ。

| | コメント (0)

2006.01.07

初めての写真入り年賀状

 ぐっすり寝る。今日は何もせず、ひたすらボーッとしたい、と思ったが、しばらく留守にしていたので、結構やることは多い。年賀状の処理、洗濯、部屋の掃除などなど。「筆ぐるめ」で作成した年賀状には、ポタラ宮をバックにした写真を使ってみた。考えてみれば写真入り年賀状は初めて作ったような気がする。

| | コメント (0)

2006.01.06

やっと帰宅

 朝起きてTVをつけると、秋田新幹線「こまち」は今日の午前中も全面運休という。駅に行ってみると、秋田駅まで代行バスが出ることが分かった。急いでホテルをチェックアウト。バスを待っていると岩手のTV局がカメラを回していた。(TVのニュースに出るかも?)。9時半に盛岡駅出発。秋田駅東口についたのは12時45分。羽越線はまだ全面運休。幸い羽後本荘までの急行バスは動いていた。1時11分発。本荘駅近くの自宅についたのは3時少し前だった。長い帰宅劇だったのう…。(^_^;)

| | コメント (0)

2006.01.05

帰れない…

 疲れのため、チェックアウトぎりぎりまで寝てしまう。東京駅に行ったら、秋田新幹線は全面運休という宣告… (^_^;) 八重洲ブックセンターに行って時間つぶしをしたが、埒があかず。東北新幹線で北上まで行けば、北上線で横手まで行けるとふんだが、事故のため、これもだめ。仕方なく、盛岡まで来てみたが、その先の見通しはないという。バスもだめと言われ、盛岡駅前のメトロポリタンホテルに宿泊す。とほほ…。今夜も大雪らしい…。

| | コメント (0)

2006.01.04

休養

 コンフォートホテル成田は、5510円という安さで泊まれ、ネット環境も設備もいいのに、朝食もつく。普段は朝食をたべないのだが、おにぎりを3個も食べちゃった。チェックアウトぎりぎりにホテルを出て東京。例によって秋葉原見学。常宿に宿泊してゆっくり休養。

| | コメント (0)

2006.01.03

帰国

 8:00 ホテルからタクシーで空港へ。運ちゃんが空港を通り越し引き返すという、前代未聞の事態発生。10:20 CA4402便で成都。ここで国際便に乗り換えるのだが、飛行機が遅れ、乗り換え時間がまた少なくなり、あせる。なんとか手続きをすませ搭乗。13:40 CA421で成都発。北京経由。成田着。食事は機内食のみで3食。日本食が恋しい…。21:00 成田着。前回と同じホテル泊。バタンキュー。
Gsc_0129_1

| | コメント (0)

2006.01.02

デプン寺

 ラサ市の校外にあるデプン寺は、あのポタラ宮よりもはるかに規模が大きく、20万㎡を越える。ゲルク派最大の寺院で、最盛期には1万人もの僧侶を抱えていたという。空気が薄いので、歩くのはホントにタイヘンだあ。例によって巡礼者であふれ、本尊まで辿り着くのに苦労した。昼食は八角街近くで、チベット料理。麻婆豆腐と高山植物(小豆のような味)を食べた。あまりに疲れたので、もう一箇所予定していた寺院の見学をキャンセル。ガイドさんに頼んで買い物を手伝ってもらった。本来、値切るのは苦手なイサちゃんだが、値切りまくっておみやげを買った。
Gsc_0101

| | コメント (0)

2006.01.01

ラサの象徴「ポタラ宮」

 チベットで最高級のホテル拉薩飯店に移動。オンシーズンの3分の1ほどの値段で宿泊できたのはラッキー。これもネットで予約したホテル。部屋は暖かく、熱いお湯がたっぷり出る。初詣は有名な「ポタラ宮」へ。ダライ・ラマ5世が建立した宮殿であり、ラサの象徴である。高さ115m東西360m南北300m総面積41km2 歩くのにヒイヒイ言いながら登った。紅宮は、ダライラマ5世の霊塔、聖観音殿、金剛仏像殿など見所たっぷり。時輪殿の立体曼荼羅が特に印象に残った。
 部屋からネット接続するも、ココログは時間がかかりすぎ。更新ができない。「勲は異国でどうなった?」と、きっと心配している人たちがいるだろうに…。メールの送受信は快適なのに…。<
Gsc_0032

| | コメント (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »