« ラサ到着 | トップページ | ラサの象徴「ポタラ宮」 »

2005.12.31

「ジョカン」(大昭寺)

 チベットで最も聖なる寺院「ジョカン」(大昭寺)を見学。今は旅行のオフシーズンで、遊牧民たちにとって暇なこの時期は巡礼の期間である。そのため、正門は「五体投地」をする礼拝者であふれていた。寺院内部も大変な混雑。台座に額を押しつけたり、五体投地をする人がいるため大渋滞。熱心な参拝者のパワーに圧倒された。やっとの思いでバルコル(八角街)へ。ジョカンの周りを巡る道は多くの店があって、巨大な市場になっている。おみやげなどはここですべて揃うとのこと。昼食は日本食にしたかったが、店はクローズしていた。代わりに、チベット名物モモ(餃子)を食べる。具はヤクの肉。唐辛子のたれにつけて食べる。ヤクのバターで作ったバター茶もいただく。夜は、日本から持参した「どん兵衛」で年越しそばを食べる。疲れてすぐ眠る。
Gsc_0007
Gsc_0013
Gsc_0018

|

« ラサ到着 | トップページ | ラサの象徴「ポタラ宮」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラサ到着 | トップページ | ラサの象徴「ポタラ宮」 »