« 一太郎2005ゲット | トップページ | 来年度研究の方向 »

2005.02.23

特別支援教育研修会

 指導主事が来校し、特別支援教育研修会が開かれた。主として「軽度発達障害の理解と対応」について学習。算数授業での対応についてのビデオも拝見。スモールステップで、テンポ良く進める授業は、見ていて気持ちよかった。「軽度発達障害の子どもに対して、特別なことをしているのではない」という印象を持った。一般的な学級の授業でも、こうやって、どの子にも分かるように授業をするべきだと思う。そう考えると、算数の所謂「問題解決学習」は、どの子にも分かる方法でないことは明白だろう。個に応じた指導を進めれば、早晩消えゆく方法だと私は思う。

|

« 一太郎2005ゲット | トップページ | 来年度研究の方向 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一太郎2005ゲット | トップページ | 来年度研究の方向 »