« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

やっとの思いで帰郷

 5時40分、ホテルをチェックアウト。リムジンバスで空港へ。7時着。CI 100便、台北発09:25 成田着13:30。京成線特急と京浜東北線で東京。八重洲ブックセンターで、本を買ってから羽田へ。JALの秋田行き最終便は2時間遅れ、しかも、秋田空港に着陸できない場合は羽田に引き返すという条件付きの運航。がびーん。空港待合室のTVで、PRIDEを観戦しながら待つ。秋田着は結局21:40。駐車場の愛車は雪に埋もれていた。(涙) 本荘の自宅に着いたのは22:40。実家には明日行くことにし、年越しは、いきつけのお店で。

| | コメント (0)

2004.12.30

台湾最終日

1484572

 今日も、午前中は外出せず。本を読んだりTVを見たり。今日はホテルを移動するので(最初に泊まったホテルに戻る)、インターネットをして、ココログを更新しておこう。なんつっても無料だからね。明日は早朝に空港に向かうので、実質、今日が台湾最終日。お金をほとんど使わなかったので、今日の夜くらいは贅沢しよう!

| | コメント (0)

2004.12.29

士林観光夜市

1484377
1484319
1484285

 午前中はホテルでのんびり。午後、歩いて台北駅前へ。MRTの駅二つ分、2キロほどの距離。道すがら、興味のわいた店に立ち寄ったほか、三越デパートや無印良品などを見学。IT関連のショップは日本と遜色なし。
 夜、有名な士林観光夜市へ。いきなり見つけた、金魚すくいならぬ、エビ釣り、緑ガメ釣りは、かなり難しそうだった。オモチャ叩き売りのおっさんがいたり、水飴をながーーーくのばす人がいたりとパフォーマンスも多く、楽しめた。あと、よくわからんが、耳の上でロウソクを燃やすと健康にいいらしい。いっぱいある屋台で、エビチャーハンとイカのスープを食べる。あわせて85元(255円)
 余談だが、台湾の人はマナーがいい。電車に乗るときは、降りる人が降りた後に乗り込む。だが、今日、初めて例外を見た。私の前にいた若い男女4人がマナー違反をした。乗った後に、彼らの話す言葉を聞いてがっかり! そう、日本人だったのだ。(恥ずかしい…)

| | コメント (0)

2004.12.28

指南宮

1484202
 
 7時起床。8時半朝食。ここ、凱統大飯店は朝食バイキング付き。好きな物を好きな量だけ食べられるのはいいな。午後、MRT&バスで道教の聖地「指南宮」へ。雨の中、しばし静粛な気持ちになる。今回旅行の一番の目的地に大満足! 話は変わるが、台湾の乗り物は漢字表記なので、行き先がわかりやすくて良い。(インドではいつも苦労してるからなあ…)。
 ホテルに戻ってテレビの横をふと見たら、無料インターネットサービスの表記があった。LANケーブルをさしてみたら、OK牧場! こうして、ココログの更新もバンバンじゃあ!!

| | コメント (0)

2004.12.27

ホテルを移動

1484149

 12時環亜大飯店チェックアウト。「地球の歩き方」ガイドブックで次のホテルを探す。凱統大飯店に直接向かって交渉。1泊の値段を聞くと、ガイドブックより大部安かった(1泊4千円程度)で3泊することにした。疲れていたので、今日は観光なしにして、部屋でゆっくり過ごすことにする。嬉しいことに、このホテル、ケーブルTVが見られる。日本の番組も民放含めて4チャンネル。アニメなら(中国語だけど)もう5チャンネルは見られるからオドロキ! 安いのに、冷蔵庫あり、お湯あり、ミネラルあり、バスタブありで、申し分なし。チキンライス便當(=弁当)に紹興酒を買い込んで独宴会。

| | コメント (0)

2004.12.26

故宮博物館

1484107
午前中はホテルで休養。午後、MRT&バスで故宮博物館へ。ありがたいことに外国人は無料。白菜の彫刻と、肉片の彫刻が有名とのこと。人だかりができていた。夕食は食堂で牛肉麺100元(300円)平べったい麺で味はまずまず。ホテルの部屋で、インターネット接続実験。何の設定変更もせず、1度で成功。つまんない。
部屋のTVではスマトラ島の大地震のニュース。NHKが3チャンネルも映るので、日本のニュースには困らない。

| | コメント (0)

2004.12.25

台湾へ

台湾へ 25日(土)
自家用車で自宅(本荘市)発06:15秋田空港着07:15。ANA872便秋田発07:50羽田着08:55。リムジンバス羽田発09:30成田着10:30。
空港第2ビルのラウンジで休憩。本を4冊購入。昼食にビーフカレーと生ビール。中華航空CI17便14:25発。台北17:05着。機内食は、白身魚にパスタ。白ワインを2杯。
リムジンバスでホテルへ。さすがに疲れた。ホテルすぐそばのセブンイレブンで、おにぎり&カップ麺&缶ビール購入。爆睡。

| | コメント (0)

2004.12.24

冬休み前最終日

 今日が冬休み前の最終日。子供たちと20日間のお別れだ。帰宅後、明日からの台湾行きの荷造り。今回はいつものリュックと、機内持ち込みできる小型のキャリーバッグにした。例によって、いきあたりばったりの旅。今回はどんな思い出ができますやら。

| | コメント (0)

2004.12.23

ゆっくり休養

 前日の疲れも少々あり、ゆっくり休養。年賀状の作成に励む。今年は、久々に日本で年越しをする。

| | コメント (0)

2004.12.22

忘年会

 職場の忘年会。今年度の転入者が幹事をやる決まりになっている。恒例の歓迎アトラクションは、今流行の「マツケンサンバ」だった。腰元ダンサーズとマツケン様の踊りがカンペキで驚いた。ぜひご伝授願いたいものだ。2次会もほとんど全員参加で、会場に入りきれなくなるという嬉しい誤算。大いに盛り上がりました!

| | コメント (0)

2004.12.21

総合的学習のまとめ方指導

 6年総合「守ろう私たちの宇宙船地球号」3時間目。調べ学習に入る前に、これからの学習の流れを子どもに説明。調べ学習のまとめ方について指導した。具体的には、パワーポイントのスライド6枚にまとめるやり方について、子供たちにプレゼン。内容は次の通り。
 ①タイトル ②問題提起 ③現状 ④このままではこうなる ⑤現在の解決策 ⑥私たちにできること
 子供たちには、「配付資料印刷」したものを配布。実際のプレゼンでは、「勲ちゃんの体重増加問題」を例にして話す。(中ウケでした…) (^^;)

| | コメント (0)

2004.12.20

教育雑誌の読み方

 週刊誌を大事に保管しておく人は、あまりいないだろう。私の場合、教育に役立ちそうな記事を見つけたら、その場でビリビリとページを破いてしまう。毎週買っている週刊アスキーなど、パソコン関連の雑誌もそうだ。では、教育雑誌はどうか? 「5年、10年分ためておいて、必要になったテーマの時、あらためて詳しく読む」のがよいとされる。実際私は以前そうしていた。しかし、この方法だと、必要な論文がどこにあるか探しにくいという欠点があった。そこで、最近は、ほかの雑誌と同じように、よい論文があったら、そのページをビリビリと破くようにした。ある程度ためてから、両面コピーし、雑誌名と何年何月号かを手書きする(参考文献として引用するときのため)。この方法だと、雑誌を読むときに気合いが入るので一石二鳥だ。一度読んで印象に残らない論文など保存する価値はない、そう割り切ってしまうのも悪くないのではないだろうか。 

| | コメント (0)

2004.12.19

迷惑メール

 本当に腹立たしい迷惑メール。最近は、プロバイダも対応策を出しており、迷惑メールを学習して振り分けてくれるので、少しは怒りもおさまっていた。しかし、昨日から突然、携帯電話に迷惑メールが頻繁に届くようになった。ずっとゼロだったのに不思議である。めんどくさいが、説明書を読んで、受信しないように設定した。(怒!)

| | コメント (0)

2004.12.18

国家破綻

 藤原直哉著「国家破綻 最終章」(あ・うん)を読む。2005年、日本にハイパーインフレが起こり、預金と借金がゼロになるという。ペイオフ開始を4月に控え、確かに、いつそうなってもおかしくない情勢ではある。そうなった場合、資産を増やそう守ろうと考えるのは無駄で、新しい時代に必要な能力を今のうちに磨いておくことが大事だと筆者は言う。その日に備え、これからも自己投資に励もうっと。

| | コメント (0)

2004.12.17

ブログで始める超速企業入門

 中野瑛彦著「ブログで始める超速企業入門」(明日香出版社)を読む。言うまでもないが、起業したくてこの本を読んだのではない。ブログの可能性について知るために読んだのである。次の一節が心に強く残った。「オンリーワンのテーマを発見する」「それが他人の役に立つか調べる」

| | コメント (0)

2004.12.16

宇宙船地球号

 6年総合の新単元「守ろう宇宙船地球号」のオリエンテーション。今まで自分の住む地域を中心に総合的学習を学んできた子供たちに、あえて、身近ではない題材を学ばせる意味は大きい。(こういうテーマは、教師が仕掛けなければ、子どもはそれを意識することなく過ごしてしまう。)
 単元は大きく、2つの段階に分かれる。1つめ段階では、地球規模で環境問題の現状をとらえ、それに対する解決策を調べ、発表する。2つめの段階では、たくさんの解決策の中で自分が実行できることを選び(or考え)、その取り組みをまとめ、発信する。小学校最後の総合的学習として、ふさわしい活動になるよう、担任二人と協力し合って、取り組んでいくつもりだ。今後、この日記で、リアルタイムに経過をお知らせするので、お楽しみに!

| | コメント (0)

2004.12.15

秋田県情報教育研究会

 秋田県総合教育センターの指導主事から電話があった。情報教育研修部でお世話になった指導主事だ。「秋田県情報教育研究会」のパネルディスカッションで話題提供してくれる人を探しており、私を推薦したという。すぐに承諾したところ、さっそく、林良雄氏@秋田大学教育文化学部から、メールをいただいた。行動の速い人は、それだけで、もう素晴らしいと思う。研究会が開かれる1月22日(土)が今から楽しみである。

| | コメント (0)

2004.12.14

年賀状作成指導

 2年生図工の授業TTを依頼され、パソコンでの年賀状作成を指導。一太郎スマイルで、あらかじめ用意した3種類の見本から選ばせて、自分の好きな絵と飾り枠を貼り付ける授業。2年生にとっては、ソフトを起動するのも、ネットワークドライブから、目的のファイルを開くことも簡単なことではない。でも、教師の指示をよく聞くことができる子どもたちだった。1時間で、33人全員が年賀状作成と保存までできたのはすごい! 

| | コメント (0)

2004.12.13

第1回校内プレゼン大会

 校内プレゼン大会が実施された。さすがは、教師、5分を越えても話し続ける学年はなかった。どの発表も、要点を絞っており、研修だよりで私が示したポイントを守ってくれていた。終了後、参加者全員に感想を述べてもらったが、パワーポイントの作成技術など、プレゼン成功にはほとんど影響しないということを実感できたようだ。何と言っても大事なのは、中身である。
 第1回の目的は、「何が一番大事なのか自覚すること」にあった。言い換えれば、自分の学年の実践のセールスポイントは何なのかを意識することである。5分で発表するなら、何を残し、何を削るかを経験して欲しかったのだ。他から指摘されないように、「あれもやりました、これもやりました」という実践発表をすることは、時間の浪費である。主張のない研究はすべきではないと私は考えるが、いかがだろうか?

| | コメント (0)

2004.12.12

MP3プレーヤー

 迷っている。今はやりのMP3プレーヤーの購入についてだ。最初は、アップルのiPodを買おうと思ったのだが、ソニーのHDウォークマンの新型が今日発売された。私が検討しているのは両方とも容量20GBのタイプである。大まかな値段は、アップルが3万1千円、ソニーが4万円。値段を見るとアップルが良いが、肝心要のバッテリーの持ちは、アップル12時間、ソニー30時間と圧倒的にソニーの勝ち。基本性能もソニーがいいようだ。でも、iPodはアクセサリや関連商品が豊富で、楽しめそう! うーむ。迷う。高くてもソニーにしようか? それとも、iPodの新型登場を待つか? 結局、今日も決心のつかない私であったとさ。じゃん、じゃん!

| | コメント (0)

2004.12.11

100均ショップの企業努力

 部屋の小物を整理するために、100均ショップへ。どんなものがあるか知るために、2店まわってみる。ほとんどのものが100円で手に入るのを知って驚く。以前はなかったPC関連の商品も100円で売られていて、企業努力を感じた。

| | コメント (0)

2004.12.10

プレゼン制作順調

 校内プレゼン大会は、いよいよ来週の月曜日に迫った。放課後、各学年のプレゼンを覗いてみる。どの学年も8割方の完成といったところ。研修だよりで示したポイントをよく考慮している学年は、すっきりまとまっている。でも、5分の発表時間をオーバーしそうなものもあった。土日で練習して削ってくれればよいが…。月曜が楽しみだ。

| | コメント (0)

2004.12.09

高速カラープリントお試しキャンペーン

 リコーの「IPSiO 高速カラープリントお試しキャンペーン」に応募し、ありがたいことに、昨日から2週間、職場で使えることになった。早速、今日試してみたところ大変快適な速度と出来映えである。実は、レンタルで、某社のカラーレーザープリンタがあるのだが、その速度の遅さゆえ、日常的に使うのはインクジェット・プリンタの方が多い。こちらは少々コストがかかるので、できればカラーレーザーを使いたいのである。来年度リース更新で、高速プリンタが入ってくれればいいなあと、改めて思った。

| | コメント (0)

2004.12.08

第2回教材制作委員会

 15:00本荘由利視聴覚センターの第2回教材制作委員会に出席。勲ちゃんはもうすでに、教材製作は完了しているので余裕のひととき。教材製作以外に、視聴覚教育部会の在り方などについても協議。終了後、委員長と打ち合わせ。

| | コメント (0)

2004.12.07

視聴覚教育12月号に原稿掲載

 日本視聴覚教育協会発行の、「月刊 視聴覚教育12月号」630円に原稿が掲載された。「教育メディア紀行」というコーナーにみちのく支部の面々が執筆しているもの。算数と家庭科での実践を書かせてもらった。興味ある方はご一読を。

| | コメント (0)

2004.12.06

100億円稼ぐメール術

 ほりたんのブログで紹介されていた「100億円稼ぐメール術」堀江貴文(東洋経済新報社)を読む。なるほど、こうすれば迅速に仕事が処理できるのだという方法が紹介されていて興味深かった。整理好きな私だから、メールの振り分けはすでにやっていたが、受信トレイをToDoリストとして使うやり方はいいと思った。私が扱うメールは現在ごくわずかだが、将来増えたときのために今から実践しようと思う。個人的には、仕事のほとんどをB5ノートパソコン1台でこなす方法に一番興味を惹かれた。確かにこの方が無駄がない。今日からマウスを使わず、ショートカット・キーを多用しようっと。

| | コメント (0)

2004.12.05

ローランドRS-70

 しばらくお部屋のインテリアとなっていたマイ・シンセサイザー。実は結構、操作が難解で、ピアノとしての用途しか果たしていなかった。このままでは高い金を出した意味がない。取扱説明書片手に、真剣に取り組み、なんとかリズムを出しながら演奏する方法が分かった。(とほほ。こんなの安いキーボードならボタンひとつなのに…)

| | コメント (0)

2004.12.04

軽快なブラウザ

 最近のフリーソフトは、使い勝手のいいものが増えてきた。ここ数日は、暇があればダウンロードして試している。ブラウザでサクサク動くものはないか探していたら、いいのを見つけた。「Mozilla Firefox」だ。実はmozillaは前から使っているが、動作は決して速いとはいえず、ついつい見慣れたIEの方を使ってしまっていた。でもFirefoxは違う。余分な機能がない分、動作はキビキビで、職場の古いノートPCのWin98SE上でも同様に動作した。セキュリティ面からも安心なので、学校のPCのブラウザは全部これにしたらいいんじゃないかと真剣に思った。

| | コメント (0)

2004.12.03

困ったときはこれ!

 職員室のB4インクジェット・プリンタが動かないので直して欲しいと頼まれる。なるほど、ウンともスンとも言わない。一度プリンタを削除し、ドライバを入れ直してもダメ……。ええいっ! こうなったら、最後の手段。プリンタの電源を抜いたるわいっ!! そしたら、何事もなかったかのように動きだしましたとさ。 PC関連で困ったときは、電源を抜いてリセットをかけると結構うまくいくんだなあ。(LANのハブなんかもそうだったし…)

| | コメント (0)

2004.12.02

トロイの木馬

 職員用デスクトップ・パソコンの1台の動作がやたらに重いことに気づいた。見慣れないソフトがインストールされていたりして、どうも挙動不振である。ウイルスチェックをかけてみたところ、トロイの木馬BackDoor.Agent.2Hが見つかった。早速駆除。ほかに、デジカメ用のコンパクトフラッシュにもウイルス発見。これも駆除。今日は、珍しくウイルス発見デーとなった。

| | コメント (0)

2004.12.01

軽快なPDFリーダー

 PDFファイルを開くのは嫌いだ。なぜって? 某社のreaderの動作がやたらに重いからである。もっと軽快にキビキビ動くソフトはないかと思っていたら、あったんですね。これが。
 その名は、「Foxit PDF reader」。(嬉しいことにフリーソフト)。これなら、PDF形式でファイルを保存しようという気になる。(でも、罫線や表など、複雑なPDFの場合、文字化けするものがあった…)某社readerをスピードアップするフリーソフトも出ているので、「Foxit PDF reader」との併用がいいかも。

| | コメント (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »