« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.31

寝過ぎだ

 昼近くまで寝てしまう。食事して昼寝したら、再び目覚めたのは午後4時半だった。ああ一日を浪費してしまった…。その分夜遅くまで起きているかと思いきや…。10時半には三度の睡眠に…。寝過ぎだ!

| | コメント (0)

2004.10.30

学習発表会

 「学習発表会」のため出勤。学習発表会とは、早い話が昔で言う「学芸会」のようなもの。違いは、学芸的な発表ではなく、日頃の学習の成果を保護者に見てもらおうという点だろうか。担任していないと、こういう行事にかかわりが少なくて淋しい…。私の役目はもっぱら写真撮影だった。どの学年の発表も良かったが、特に全校の群読と合唱が素晴らしかった。

| | コメント (0)

2004.10.29

原稿執筆

 夜、『視聴覚教育』(財団法人 日本視聴覚協会)誌、原稿執筆。「2005年の教室を考える会」みちのく支部の実践が6月号から来年2月号までの偶数月に5回にわたって掲載されることになった。私の原稿は、12月号に掲載される予定。今日の執筆で7割方完成。一気に書きあげない(あげられない?)のが、最近の執筆スタイルになってしまった。とほほ。

| | コメント (0)

2004.10.28

研究推進委員会

 放課後、校内研究推進委員会。矢島小学校の授業過程について提案。算数授業の基本形をどうするかについて。
 もうひとつは、研究実践の発表会についての提案。「各学年の教師がパワーポイントを使って、自分たちの実践について5分間プレゼンをする。」というプランが推進委員会を通過。実現に一歩近づいた。

| | コメント (0)

2004.10.27

公開授業続き

 昨日の授業は、2時間計画の1時間目だったので、早速その続きをした。今日は、「方言と共通語、それぞれの良さについて考える授業」。子供たちから出された方言の良さは、気持ちが伝わる、表現が面白い、親しみがある、暖かい、などなど。授業をする前と、後で、方言についての考えが変わった子どもは、半数近くにもいた。子供たちの中には、自分が使っている言葉を方言とは意識していない子どももいて、面白かった。

| | コメント (0)

2004.10.26

公開授業終了

 40名以上の参観者の中、5年国語科「方言と共通語」の公開授業をした。授業の主張点は、次の2点。
  ① 教師の教材提示ツールとしての、IT活用の有効性
  ② インターネット検索の指導の仕方
 もうひとつ、「子どもがITツールを使った発表」として液晶ペンタブレットを使った場面を見せた。(この子たちは、今日初めて使った)
 
 協議会で話題になった、「教科のねらいを達成するためのITの効果的活用」という点については、言うまでもなく全面的に賛成。今日の会で、あえて話題にしたということは、まだ「常識にはなっていない」ということかなあ?
 「2005年の教室」の実現は、本郡市ではまだ遠いと感じざるを得なかった。(自分だけでも、がんばろうっと!) (^_^;)

| | コメント (0)

2004.10.25

HDD交換無事成功

 風邪のため中止していたノートパソコンのHDD交換を再開。NECのドライバをダウンロードして、すべての設定が今日完了。2台の職員用パソコンが復活することになった。めでたし、めでたし。

| | コメント (0)

2004.10.24

2005年の教室を考える会第5回全国大会(2日目)

 予想通り二日酔い。ワークショップのプレゼンを、前夜のうちに作っておいてよかった。今年は予選を通過できなかったけど、内容については自信作だった。2005年の会全国大会は、一応これで、ファイナル。事務局をつとめたバディさんには、本当に頭の下がる思いだ。会を緒締めくくる最後の放談での、ほりたんの次の言葉が印象に残った。
 「出過ぎないのも能力だ」=自然に認められる人になってほしい。知らず知らずのうちに周りをその気にさせるぐらいの人にならなくてどうする。
 研究主任、情報主任、TT担当として、自分が心がけ実践しているのは、まさにこのことである。

| | コメント (0)

2004.10.23

2005年の教室を考える会第5回全国大会(1日目)

 ANA872便で秋田→羽田。自宅を出るのが遅くなり、車をぶっ飛ばしてぎりぎりセーフ。秋葉原にちょっと寄ってから、会場の幕張セミナーハウスへ。ひとりん、ほりたんの放談に始まり、ワークショップ、ポスターセッション、企業展示など、盛りだくさん。今年も、ジェットコースターのようなスピード。ワークショップでは、E班のリーダーになって活躍(?)。夜は、交流会、2次会と大いに盛り上がる。

| | コメント (0)

2004.10.22

ようやく回復

 今日は、鼻づまりで息が苦しいことを除けば、なんとか回復。授業もしっかりできて、公開授業の指導案も完成。ついでに、パワポで教材作りも一気に完成! 仕事ができるのはうれしいもんだ!! (^o^)

| | コメント (0)

2004.10.21

まだ辛い

 出勤し、授業もがんばったが、午後ダウン。再び早退し、眠る。夕方、少し良くなる。

| | コメント (0)

2004.10.20

少し回復

 今日も回復せず、ずっーと寝る。夕方になり、少し良くなって来た感じ。明日は出勤できそう。

| | コメント (0)

2004.10.19

一日中床に伏せる

 薬を飲むために、がんばって食事する以外は、ずーっと寝たきり。よくまあこんなに眠れるもんだと、自分でも感心する。

| | コメント (0)

2004.10.18

ひどい風邪

 くしゃみや鼻水、悪寒がして、午前で早退。病院に行き、診察してもらう。どうやら風邪。扁桃腺が腫れているわりには、熱が上がらなかったのがせめてもの幸い。点滴を受け、薬をもらって帰宅。泥のように眠る。

| | コメント (0)

2004.10.17

ツイてる!

 斎藤一人「ツイてる!」(角川書店)を読んだ。一番印象に残った部分を次に引用する。
「ツイてない人間って、自分のことを『ツイてない人間だ』と思っているだけなんですよ。ツイてる人間とツイてない人間の違いとはたった、それだけのことなんです。」

| | コメント (0)

2004.10.16

来週は2005全国大会参加

 10月23日、24日の「2005年の教室を考える会」第5回全国大会に参加する。昨年に引き続き、2回目の参加。昨年は、初参加で、ポスターセッション第1位という栄冠に輝く幸運を得た。今年は、TT授業のみの担当と言う事情から、発表できるような実践はないため、ポスターセッションは見送りだ。その分、ゆっくりと研修を楽しみ、交流の輪を広げてこようと思う。

| | コメント (0)

2004.10.15

科学夢画審査

 出張で本荘市役所。科学夢画の審査。33年も続く由緒ある事業。代役で、初めての審査を経験することになった。現役の教師10名ほどと退職された先生6名で審査する。私は、3年生260点を3人で審査。作品のテーマは身近な題材がほとんどだが、台風や地球温暖化など、環境に関するもの、交通安全に関するものも多く見られた。子どもらしい発想で、気持ちが和む一日だった。

| | コメント (0)

2004.10.14

HDD交換

 職員ノートパソコンのバックライトがつかなくなった。それも、ほぼ同時期に2台。見積もりの結果、1台3万円近くの修理費がかかるという。残念ながら、修理補修の契約はすでに切れている。でも、このまま倉庫に眠らせるのはもったいない!! てな訳で、6GBのハードディスクを無駄にしないよう、別のパソコンの2GBハードディスクと交換することになった。うーん、別にこういう作業は好きじゃないんだがなあ…。ドライバのインストールが結構たいへんでした…。(^_^;) 

| | コメント (0)

2004.10.13

明日から後期開始

 今日は10月30日出校分の代休。明日は後期の始業式。今日も、公開授業の下調べと構想。…のつもりが、食っちゃ寝、食っちゃ寝の繰り返し。サッカー日本代表の試合のため、夜に鋭気をとっておいた??

| | コメント (0)

2004.10.12

就学児検診

 出勤。午後、就学児検診。来年本校に入学予定の子供たちだ。私は児童引率と聴覚検査を担当。聴覚検査は昨年も担当した。「音が聞こえたら、ボタンを押す」という一見簡単そうな動作も、みんながみんな、できる訳ではない。今年もやっぱりそうだった。この子たちに合った検査方法はないものかなあ。

| | コメント (0)

2004.10.11

授業の下調べ

 26日の公開授業の準備、下調べ。だいたいの流れは決まった。あとは、どれだけ効果的な教材提示ができるかどうか。パワポと液晶ペンタブレットの利点を最大限活かすにはどうすればよいかが悩みどころ。

| | コメント (0)

2004.10.10

翻訳作業終了

 この夏インドで読んでもらったアガスティアの葉、4つのカンダムの翻訳作業がようやく終了。タミル語やヨーガの用語がたくさんあって難航した。4つとはいってもかなりの分量のため今日までかかってしまった。

| | コメント (0)

2004.10.09

また台風

 今日から秋休み。台風22号が来るというので、自宅にこもって読書や翻訳作業をする。ちょっとだけ部屋の模様替え。家具が少ないからすぐ終わっちゃう…。どうやら、台風は東にそれる模様。

| | コメント (0)

2004.10.08

前期終了式

 今日で2学期制の前期終了。教務が出張のため、式の進行を担当。進行表を見ながらやってるのに、閉式の言葉と修礼の順番を間違えるなど、ミス多し。トホホ…。子供たちは明日から5日間の秋休みに入る。

| | コメント (0)

2004.10.07

報告書ほぼ完成

 今日も報告書作成に多くの時間を費やす。なんとか完成して、教頭にチェックしてもらう。明日には完成できる見込み。ふうー。

| | コメント (0)

2004.10.06

TV局見学

 5年校外学習の引率で秋田市へ。TV局見学は、NHKと朝日放送の二つに分かれる。私はAAB(秋田朝日放送)へ。印象に残ったのはタイトル室。番組タイトルはパソコンで作っているようだ。マック2台、ウインドウズ2台があった。局の人は大変に親切で、局内のほとんどの部屋に案内していただいた。毎日見ているアナウンサーの顔があり、ミーハーなイサちゃんは、どぎまぎしちゃいました。女子アナは綺麗で礼儀正しく感心しましたです。 (^_^)

| | コメント (0)

2004.10.05

調査報告書

 今週末締め切りの調査報告書作成のため、缶詰状態で仕事に励む。学校での研究の取り組みが、こういった形で客観的な結果として出てくることは、厳しいことではあるが、大切なことだと思う。結果分析や報告にかけた多くの時間を無駄にしないためには、この結果を今後の指導にいかに活すかということだ。

| | コメント (0)

2004.10.04

へぇ~

 以前、TV番組「トリビアの泉」で一青窈の「もらい泣き」の再生速度を80%にすると、平井堅の「もらい泣き」になるという放送があったという。私は見てないので分からないが、実家の家族や職場で話題になった。実は、今日音程や速度を変えることのできるフリーソフト「MeRu」をダウンロードした。(本来の目的は英会話テープを2倍速で聴くため)
 そこで、実際にやってみたら、確かにそうなった。では、逆はどうか? 平井堅の「もらい泣き」を速くすれば、一青窈の声に聞こえるかどうか? 実験してみた。
 結果は? 見事、一青窈の「もらい泣き」になりまぴた。うれP うれP。

| | コメント (0)

2004.10.03

七田式・超英語ドリル

 右脳で学ぶという七田式英語ドリルを試してみた。短期間ではなせるようになるには守るべき7つの原則があるという。 1 リスニングの原則 2 聴覚改善の原則 3 イメージ学習の原則 4 高速視聴読学習の原則 5 音読暗唱の原則 6 決意の原則 7 ディープリスニング&「書き出す原則」
 この中の高速視聴読学習というのが凄まじかった。ネイティブの英語を、テキストを見ながら、ノーマル、2倍速、4倍速で聞くのだ。この頃は通勤時にいつも英語CDを聞いているので、2倍速まではなんとかついて行けるのだが、4倍速は完全にお手上げだ。でも一ヶ月も聞き続ければ右脳が活性化し、聴覚が改善されるという。がんばって続けていこうと思う。 

| | コメント (0)

2004.10.02

ボーッと過ごした一日

 とくに何もせず、一日中ボーッと過ごす。たまにはこんな日があってもいいかな?

| | コメント (0)

2004.10.01

冬のソナタ合奏

 5年担任の一人が不在のため、たくさん授業を担当した。5校時は音楽。「冬のソナタ」をメロディオンで演奏する授業をしてみた。楽譜を渡すのではなく、ピアノでメロディを弾いて、黒板にカタカナでドレミを書くという、いつも通りの自己流指導法。これが一番効果があることを私は知っている(なんてね)。一時間でなんとか一番終了まで終えることができた。
 授業後、楽譜が欲しいと言ってきた女子が1名。放課後、楽譜にドレミをふったものを準備したところ。何人もの子どもがもらいに来た。指導したのは1組だけなのに、2組の子、はては6年生までもらいに来たのにはびっくり! 学校に冬ソナ・ブームが巻き起こる!?

| | コメント (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »