« 指導改善に伴う加配校研究協議会 | トップページ | 日本教育工学会第2日 »

2004.09.23

日本教育工学会第1日

 日本教育工学会第20回全国大会1日目。シンポジウムのテーマは「新情報教育が変える教育の姿」みな大学の先生だからか、話が難しく抽象的なものが多いように感じた。(ほりたんは別)。
「新情報技術で教育は変わるか」が話題になった。ほりたんの「あまり変わらないだろう」という意見に賛成。「新しいものが入ってくると、不要なものを削る必要が出てくるが、それは何か」は考えさせられた。今の教育内容だったら、私は真っ先に図工を削りたい。体育、音楽、図工などは内容による選択制で十分だと思う。こんなことを言うと、その道に携わる人は黙ってはいないだろうな。現実には、坂元先生が発言されたように、教科の枠組みをなくさない限りは、内容削減は難しいだろう。そろそろ教育の枠組みを大幅に見直す時期に来ているのかもしれない。

|

« 指導改善に伴う加配校研究協議会 | トップページ | 日本教育工学会第2日 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 指導改善に伴う加配校研究協議会 | トップページ | 日本教育工学会第2日 »