« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.30

大人数指導

 1校時。5年生2クラス56名相手に、一人で算数授業(少数のかけ算、わり算)をした。TTはじめ少人数学習指導が主流のこのご時世に、まさかこんな大人数に授業することになろうとは…。考えてみれば初めての経験である。
 結果は…。やはり個への対応という点では不満が残った。「たしかめ問題」でつまづいた子どもが5名。うーん。悔しい…。

| | コメント (0)

2004.09.29

なかよし遠足

 今日はなかよし遠足の日。昨年までは、「なべっこ」。つまり、自分たちで料理を作って食べる遠足だったが、今年はお弁当を持っていくことに。天気予報によれば、午後は少々不安…。

| | コメント (0)

2004.09.28

10月下旬授業公開

 郡市教育研究会視聴覚部で授業公開することになった。本校は5年生2クラスの授業を公開する。私は、1組の子供たちに教科の授業をすることになった。そのため、どの教科のどの単元を授業するか、そろそろ決めなければならない。5年生の教科書を検討した結果、国語か算数のどちらかに絞ることにした。授業のテーマは、「教師側からの効果的な教材提示」ということなので、それにあった授業構成ができる単元を選ぶ必要がある。同時に、液晶ペンタブレットを効果的に使った授業もしたいと考えている。参観したい人は、10月26日午後、矢島小に来てね。

| | コメント (0)

2004.09.27

「正しく読ませる」授業

 3校時。10年経過研修プログラムのため行われた2年国語授業「サンゴの海の生きものたち」(説明文)を参観。放課後、協議会で助言。発問に工夫が必要と指摘する。文章に書かれていることを、その文章のままの形で問うてもあまり意味がない。「子どもが読み違えそうな部分に目をつけ、それを間接的に問うようにせよ。」と発言し、発問の代案を2つ示した。

 Q1 魚は全部で何種類出てきましたか。 
 Q2 得をしているのは、どちらの魚ですか。
 
 子どもに「正しく読ませる授業」とは、子どもが言葉を検討せざるを得なくなる授業のことをさすのである。

| | コメント (0)

2004.09.26

ヨーガ&瞑想

 朝6時起床。8時朝風呂。10時チェックアウト。八重洲ブックセンターへ。ヨーガと瞑想の本を数冊ずつ購入。本格的に実践しようと決意したが、どうなりますやら…。
 大丸で、かねてから買おうと思っていたトラベルクッカーをゲット。
 えっ? 何のためにって? 海外旅行先で、ラーメンを作ったりご飯を炊いたりするためです。実は、このところ和食以外はからっきしダメになってきたので、旅を快適にするための必需品なんですね、これが。(年のせいかなあ…)
 ANAで帰郷。空港からマイカー。18:30自宅着

| | コメント (0)

2004.09.25

日本教育工学会第3日…

 日本教育工学会第3日。前夜の痛飲がたたり、午前中を棒に振る。夕方、回復するも時すでに遅し。仕方なく専門書を求めて新宿へ。あまり良い本に巡り会わず。アウトドア関係はいい店が多かった。

| | コメント (0)

2004.09.24

日本教育工学会第2日

 朝6時起床。16階の展望大浴場で朝風呂。学会2日目は、遠山前文科大臣の基調講演、Marilyn Piper氏の特別講演があった。パネルディスカッションでは永野和男先生の発表がよかった。ホテルに戻った後、久々に再会した山田氏と一献。

| | コメント (0)

2004.09.23

日本教育工学会第1日

 日本教育工学会第20回全国大会1日目。シンポジウムのテーマは「新情報教育が変える教育の姿」みな大学の先生だからか、話が難しく抽象的なものが多いように感じた。(ほりたんは別)。
「新情報技術で教育は変わるか」が話題になった。ほりたんの「あまり変わらないだろう」という意見に賛成。「新しいものが入ってくると、不要なものを削る必要が出てくるが、それは何か」は考えさせられた。今の教育内容だったら、私は真っ先に図工を削りたい。体育、音楽、図工などは内容による選択制で十分だと思う。こんなことを言うと、その道に携わる人は黙ってはいないだろうな。現実には、坂元先生が発言されたように、教科の枠組みをなくさない限りは、内容削減は難しいだろう。そろそろ教育の枠組みを大幅に見直す時期に来ているのかもしれない。

| | コメント (0)

2004.09.22

指導改善に伴う加配校研究協議会

 「指導改善に伴う加配校研究協議会」のため、秋田県総合教育センターへ。「加配を得るためには、それなりの実績を上げなければならない」という話にナットク。学力向上や授業改善のために加配があるのだから、それに向かって尽力するのは当然のこと。分科会では大学時代同じ研究室だった女性2名と久々の再会。
 終了後、空港へ。ANA878で東京。大井町泊。


| | コメント (0)

2004.09.21

5年国語TT終了

 5年国語授業のTTは今日で終了。この2週間、毎日研究授業のつもりで臨んだだけに、終わるのはちと淋しい感じ。午後、明日の出張のための資料作り。

| | コメント (0)

2004.09.20

ハゼ釣り

 本荘マリーナにてハゼ釣り。海釣りは2年ぶり。ハゼ釣りは10年以上やっていないと思う。980円の釣りセットは思いの外活躍してくれたが、なんと、途中でリールの金具がはじけ飛び、続行不能に。友人の竿を借りて釣り再開。正味2時間ほどでハゼ大小15匹、黒鯛の子1匹というまずまずの釣果。この3連休はいい骨休めになった。

| | コメント (0)

2004.09.19

本荘市祭典

 今日がお祭り本番。昨日に引き続き駅前でお祭り鑑賞。大名行列に、各町内の山車。日本の伝統文化に浸る。お昼に飲むビールはうまい。

| | コメント (0)

2004.09.18

宵宮祭り

 本荘市のお祭り、20年近く本荘市に住んでいるのに、お祭りをまともに見たことはなかった。駅前のいきつけの店先でビールを飲みながらお祭り鑑賞。なかなかいいもんだ。

| | コメント (0)

2004.09.17

要請訪問

 指導主事要請訪問。国語授業のTTを担当。我々授業者にとっては、この日の授業のできがどうこうという考えはない。「今日までのすべてが研究授業」という気持ちで臨んできたからだ。子どもたちの作文の上達ぶりに、教師が感激する場面が多く、毎日の打ち合わせが楽しかった。今日の授業は、スピーチ原稿の推敲場面。これまでのように教師が表現をチェックするのではなく、子ども同士の話し合いで推敲を行うというもの。話し合いが活発に進むか心配だったが、取り越し苦労だった。こちらが意図した以上に、表現にこだわった話し合いがされた。
 授業を担当した5年部、1年部に2年部が加わって、慰労会。2次会も全員参加。二人で3次会、4次会…。25:30終了。

| | コメント (0)

2004.09.16

情報ルームPCの設定

 現在12台のノートパソコンと1台のディスクトップパソコンが入っている情報ルーム。6年総合で久々の使用。校内LANで、インターネットができる設定にはしていたが、ファイルサーバーにはアクセスできないように設定していた。でも、この授業でアクセスする必要がでてきたので、急遽授業中に設定変更の作業をした。やり方を忘れていて、最初だけ少し時間がかかってしまった。12台全部手作業でやるのは本当に大変だ。ベースウエアの導入が望まれる。

| | コメント (0)

2004.09.15

無事脱稿

 帰宅後、液晶ペンタブレット活用実践原稿を、無事脱稿。缶ビールでささやかな独り祝い。メールで送付。ふう…。最近、論文や雑誌原稿をあまり書いていないので、執筆には思いの外時間がかかる。締め切り間近にならないと集中して書けないのは相変わらずの悪い癖。

| | コメント (0)

2004.09.14

液晶ペンタブレット活用実践執筆

 液晶ペンタブレットをワコムのご厚意で使わせてもらっている。その活用実践記録を送るように中川一史氏@金沢大から依頼があった。無料で使わせてもらっているので、これくらいの労力を使うのは当然なのだ(ちょっとだけしんどいが…)。締め切りは明日15日23:59。今日は本腰を入れて原稿書き。うーん。筆が進まない…。

| | コメント (0)

2004.09.13

校内ネットワーク活用推進フォーラムin仙台

13:00校内ネットワーク活用推進フォーラム(仙台会場)に参加。基調講演は、「校内ネットワークの整備と活用に関する現状と課題」。中川健朗(文部科学省初等中等教育局参事官)氏の話を聞いて、文科省も大部変わってきたという印象を受けた。パネルディスカッション「活用を支える校内ネットワークの在り方を考える」は、ほりたんがコーディネート。校内LANを水道に例えた話が秀逸。中川斉史氏@徳島の実践紹介が一番良かった。17:40終了。高速で横手まで。8:52本荘着。 

| | コメント (1)

2004.09.12

前夜祭

 仙台市へむけ出発。9時頃市内着。車を停めて休めるところを求めて走り回ったが、適当なところがない。結局、東北大の広い駐車場で2時間ほど休憩。本屋で時間をつぶしてホテルへ。15:00仙台ビジネスホテルにチェックイン。18:30明日のフォーラム前夜祭。35名も集まる。おいしい料理をたらふく食べ、話もはずんだ。二次会はみんなでカラオケ。ほりたんと夏の終わりのハーモニーをデュエット。好評を博す。

| | コメント (0)

2004.09.11

渓流釣り納め

 正午少し前、自宅出発。国道108号を雄勝町まで。中山小学校から林道を入り、大役内川へ。林道沿いには、軽トラックが結構たくさん停まっていた。多分渓流釣りの車だろう。水量少なく、竿を入れてみたがアタリはなし。なのに、川で足を滑らせて下半身ずぶ濡れ(トホホ…)。これで渓流は釣り納め。
 その後108号を南に進み、鳴子温泉を越えたあたりの川原で車中泊。愛車ファンカーゴに普通のふとんを積んできたので寝心地は快適。夜は寒いくらいだった。

| | コメント (0)

2004.09.10

苦手な子ほど伸びが大きい

 5年生作文指導は5時間目に入った。「なか」(具体例)の段落では、できるだけ感情を表す言葉を使わず、描写で表現するように指導している。面白いのは、作文の上手な子は目立った変化がないこと。(はじめからうまいので…)。反対に、作文が苦手な子ほど大きな伸びを示していることだ。人を引きつけるような表現は、この子たちの方が何倍もうまいのだ。逆転現象が起こる授業はやりがいがある。担任とともに喜び合う毎日である。

| | コメント (0)

2004.09.09

花粉症?

 眼の調子が悪い。8月中から気になっていたが、悪化してきた様子…。目やにが多くなったような、眼がかゆいような、涙が多いような少ないような…、よくわからん症状…。もしやアレルギーか? と調べてみると、この季節は、イネ、ブタクサ、ヨモギの花粉症が出やすいとのこと。そこで今日は、アレルギーを抑えるという目薬を購入してきた。(よくなりますように。)

| | コメント (0)

2004.09.08

苦手な子にも効果! 市毛式作文指導

 5年作文授業TTの3時間目が終了、各人の作文メモが今日でほぼ完成。作文の構成を指導した成果が出て、「作文の書き方がわかってよかった」と感想を書いてくれた子が多かった。作文の書き方についてきちんとした指導を受ければ、子どもは書けるようになるのだと実感した。市毛式作文指導法は効果大だ!

| | コメント (0)

2004.09.07

冬のソナタ

 ハチ刺されの指の痛みが消えてきたので、ピアノ弾き語りができるようにと、今流行の「冬のソナタ」の練習を始めた。歌詞はむろん、韓国語。ネゲ オルス オプスル コラゴ… てな調子である。努力の甲斐あって、歌詞カードを見ながらであれば、カラオケで最後まで歌えるまでにはなった。

| | コメント (0)

2004.09.06

国語授業TTがスタート

 5年生国語の作文単元TTが今日からスタート。子供たちの願いは、すらすら作文が書けるようになりたい。自分の気持ちを人に伝えたい、などだった。放課後は、明日の展開について担任と綿密な打ち合わせをした。明日は、市毛式の作文指導法を導入する予定。

| | コメント (0)

2004.09.05

こまちプロレス観戦

 午前中はゆっくり休養。午後、西目町B&Gにて秋田こまちプロレスを観戦。これで2度目。知人がマスコットガールとして参加。今回は出番が2度。お笑いの要素が多く、楽しめた。

| | コメント (0)

2004.09.04

データ整理

 パソコンのデータ整理に精を出す。フォルダを分かりやすく整理して、ファイルがどこにあるか探しやすいようにした。現在はパソコン3台を使っているので、うっかりすると、ファイルがどこにいったか分からなくなってしまうことがある。こまめに整理しておかないと。

| | コメント (0)

2004.09.03

恩を仇で返される

 ハチに刺された。職員室の窓にいたハチを外に逃がしてあげようとしたが、出て行かない。そこで、ティッシュでくるんで外に出した瞬間に、右手中指の先を指されてしまったのだ。むむう。恩を仇で返すとは…。毒のため指先がしびれて、キーボードが押せない。えーん。1度目はいいが、2度目に刺されると、ショック死することもあるらしいぞ…。アシナガバチには、しばらく近づかないようにしようっと。

| | コメント (0)

2004.09.02

WindowsXP SP2

 ふり返ってみると、私が現在持っているPCはすべてXPだということに気づいた。昨日からSP2の無料配布が始まるということだったので、早速、3台全部にインストールしてみた。結果は、セキュリティ機能が充実したらしい…。(実感がわかない…) 唯一実感するのは、ソフトの起動や動作が遅くなったことだ。こう感じるのは私だけ??

| | コメント (0)

2004.09.01

教科書は進化している

 要請訪問に向けた国語の指導案検討会があった。5年生の作文単元。指導計画が話題の中心になった。教科書通りの指導計画では、ねらいを達成することができないと、私は主張した。理由の一つは、目的や相手に応じて作文を書き直す活動が弱いこと。もうひとつは、作文をもとにスピーチを作る活動に、期待する変化が望めないこと、である。
 「どうして、こういう明らかに失敗するような活動を教科書に載せているのか」疑問に思ったので、同会社の来年度版教科書をすべて調べてみた。すると、その単元の活動は、まったく姿を消しており、かわりに、私が出した代案の構想通りの活動が載っていた。なるほど、さすが教科書会社である。よくないものは、ちゃんと修正していらっしゃる! 教科書も日々進化していることを実感した。(生活かかっているからなあ…)

| | コメント (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »