« 授業研究会 | トップページ | サンダル・ウッド »

2004.06.18

語りのプロの技

 1年生の校外学習引率で羽後町に出かけた。最初に訪れたのは「むかしがたり館」。お話をしてくれた女性は、さすがプロと言うべき技術を持っていた。何の注意もせず、1年生をお話に集中させるその技術は、我々教師にも必要な技術である。紙芝居や人形、エプロントークなどを使いながら5つのお話を40分ほど披露してくれたが、その内容は大人が聞いても楽しめるものだった。

|

« 授業研究会 | トップページ | サンダル・ウッド »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 授業研究会 | トップページ | サンダル・ウッド »